星のドラゴンクエスト(星ドラ)、WFSに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > App Store売上ランキングの1週間を振り返る…『ドッカ...

App Store売上ランキングの1週間を振り返る…『ドッカンバトル』が映画連動が奏功し首位 『アナデン』や『星ドラ』が存在感 『FGO』は首位の場面なく

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ

12月25日~12月28日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみよう。

月曜日が振替休日であったため、今週は4日間の振り返りとなる。前半はミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が好調だったが、後半は『ドラゴンボール』関連作品の活躍が目立った。とりわけ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』については映画「ドラゴンボール超ブロリー」都の連動が走行し、有力タイトルを抑えて12月27日から首位をキープした。

また、対象期間においてFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が今週はトップを取らなかった。他のタイトルではこういったことは気にはならないが、これまで一定期間首位を獲得してきた大人気作品だけに目についたのかもしれない。
 
出所:AppAnnie


このほか、『アナザーエデン 時空を超える猫』や『星のドラゴンクエスト』『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』などが存在感を示したほか、第11弾カードパック「Altersphere / 次元歪曲」を追加したCygamesの『Shadowverse』が上位に急上昇を見せたことも印象的だった。


 
■12月25日

ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位に復帰した。『モンスト』は、12月23日0時より、クリスマス仕様の期間限定キャラクター「聖夜を見る者 カマエル」「聖夜の外科医 カマエル」「幻視のサンタ天使 ラミエル」「聖夜の先導者 ラミエル」「ネクロクリスマス ジュリエット」「クリスマスの大楽聖 ベートーヴェン」の6体が出現したガチャ「モンストクリスマス2018」を開催(関連記事)しており、売り上げを伸ばしているようだ。

また、スクウェア・エニックスの『星のドラゴンクエスト』が土曜日の36位から7位に浮上した。『星ドラ』は、12月23日0時より、宝箱ふくびき「正宗」&「幻獣神そうび」と、そのステップアップふくびきを開催しているほか、12月23日、24日、25日の3日間限定で、宝箱ふくびき「10連1日1回無料ふくびき 王者の剣&ひかりのよろい ロトのそうび 天空のそうび」を開催していることが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie


そのほか、Six Wavesの『三国覇王戦記~乱世の系譜~』が土曜日の101位から26位に上昇し、トップ30入りを果たした。ちなみに3連休中には最高15位まで上昇している。本作は、Six Wavesが今年3月28日にリリースした縦型の三国志ストラテジーゲーム。直近では、武将の新たな姿が解放され、強力な新スキルも獲得できる「武将突破機能」を追加(関連記事)したことなどでゲームが活性化しているものと思われる。
 
出所:AppAnnie


 
■26日

バンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』が前日の37位から4位に浮上してきた。『ミリシタ』は、12月25日15時より、「ミリオンフェス」を開催(関連記事)しており、新たに「ミリオンフェス限定カード」としてSSR「リアル・インテンション 北沢志保」(CV:雨宮天)とSSR「エンジョイ♡ウィンターデート 矢吹可奈」(CV:木戸衣吹)が追加されたことが売り上げに寄与しているもよう。
 
出所:AppAnnie


また、WFSの『アナザーエデン 時空を超える猫』が前日の125位から20位まで急上昇した。『アナザーエデン』は、12月25日12時より、第2部 東方異象編「時の女神の帰還」の配信を開始(関連記事)するとともに、新たな出逢いに「ツバメ」が登場していることが順位を押し上げたようだ。
 
出所:AppAnnie


 
■27日

『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』がApp Storeセールスランキングで1位を獲得した。映画「ドラゴンボール超ブロリー」に登場する超サイヤ人「ゴジータ」と超サイヤ人「ブロリー」が新SSRで登場する「Wドッカンフェス」を開催してしている。

 
出所:AppAnnie


同じドラゴンボールIPの『ドラゴンボール レジェンズ』が前日の73位から3位に飛び込んできた。『DBレジェンズ』は、12月26日15時より、ガシャ「NEW YEAR STEP-UP」を開始しており、サイヤ人編の「孫悟空」「ベジータ」や「超サイヤ人ゴッド 孫悟空」がSPARKINGキャラクターとして登場していることが売り上げを伸ばす要因となっているようだ。
 
出所:AppAnnie


また、セガゲームスの『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』が前日の72位から29位まで浮上し、トップ30に復帰した。『サカつくRTW』は、12月26日より、フェス限定の新★5選手が登場する特別なフェススカウト「SUPER STAR FES Vol.08」を開催していることが順位上昇の原動力となったもよう。
 
出所:AppAnnie


ほか、バンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』とHappy Elementsの『あんさんぶるスターズ!』がトップ30に復帰した。


 
■28日

Cygamesの『Shadowverse(シャドウバース)』が前日の46位から5位に急浮上した。『Shadowverse』は、12月27日より、第11弾カードパック「Altersphere / 次元歪曲」の提供を開始(関連記事)しており、こちらも前日からじりじりと順位を上げる格好になっている。
 
出所:AppAnnie


そのほか、トップ10圏内では、Yostarの『アズールレーン』が前日の39位から7位に急上昇した。『アズールレーン』は、12月27日のメンテナンス後より、「期間限定建造」にSSR「天城」やSR「足柄」などが登場(関連記事)しているほか、お正月シリーズの着せ替えアイテムがショップに登場していることなどが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社WFS)

会社名 株式会社WFS
URL https://www.wfs.games/
設立 2014年2月
代表者 荒木英士
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高1922億円、経常利益341億円、最終利益279億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部(スクウェア・エニックス・ホールディングス)
証券コード 9684

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事