IGポートに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > IGポート、第2四半期は2億5500万円の営業赤字に転落 ア...

IGポート、第2四半期は2億5500万円の営業赤字に転落 アニメ制作の赤字続く コンテンツ資産の減価償却負担に 出版の新刊コミックス減と返品増も響く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
IGポート<3791>は、1月11日、第2四半期累計(18年6~11月)の連結決算を発表し、売上高40億1400万円(前年同期比11.6%減)、営業損益2億5500万円の赤字(前年同期2億8200万円の黒字)、経常損益2億5600万円の赤字(同3億3600万円の黒字)、最終損益2億7000万円の赤字(同1億3900万円の黒字)となり、減収・赤字転落となった。

アニメなど映像制作の赤字が続いたことに加えて、出版事業の減益と、版権事業の赤字が響いた。

 


セグメント別の状況は以下のとおり。


① 映像制作事業
売上高26億5300万円(同1.2%減)、営業損益2億6100万円の赤字(同2億4600万円の赤字)だった。劇場用アニメーション「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」、テレビアニメ「風が強く吹いている」「進撃の巨人 Season 3」、イベント上映用「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」などを制作した。新規受注の映像制作では、現況に合った確度の高い映像制作予算の策定による受注額の交渉を始めたが、前期から続いている映像制作については、引き続きCG制作費や外注費の高騰、制作期間の長期化により厳しい状況が続いているという。


② 出版事業
売上高5億4000万円(同46.7%減)、営業利益6000万(同79.5%減)だった。月刊誌「コミックガーデン」、コミックス「魔法使いの嫁 10巻」「あまんちゅ!13巻」「リィンカーネーションの花弁 8巻」等、定期月刊誌6点並びに新刊コミックス・書籍37点を刊行した。既刊コミックス「リィンカーネーションの花弁」シリーズは、特に販売好調だったが、前年同期に比べ新刊コミックスの刊行数が11点減ったほか、コミックス返品数が増えた。


③ 版権事業
売上高7億1000万円(同0.4%増)、営業損益3700万円の赤字(同同3億0600万円の黒字)だった。「魔法使いの嫁」の海外販売が落ち着いた事や、前年同期に比べ映像マスター及びコンテンツ資産の減価償却費が増えた。


④ その他事業
売上高1億0900万円(同18.7%減)、営業利益3200万円(前年同期は1900万円の赤字)だった。雑誌のイラスト描きやキャラクターの商品販売、スマートフォン向けアプリなどを展開した。


 
■2019年5月通期の見通し

売上高97億5100万円(前期比15.7%増)、営業損益1億5700万円の赤字、経常損益1億3800万円の赤字、最終損益2億円の赤字を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( IGポート

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事