東宝に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東宝、第3四半期の営業益は11%減の355億円 『シン・ゴジ...

東宝、第3四半期の営業益は11%減の355億円 『シン・ゴジラ』『君の名は。』の効果剥落 『ウマ娘 プリティーダービー』は好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
東宝<9602>は、1月15日、第3四半期累計(3~11月)の連結決算を発表し、営業収入1884億円(前年同期比1.0%減)、営業利益355億円(同10.9%減)、経常利益368億円(同10.2%減)、最終利益238億円(同15.6%減)となり、2ケタの減益で着地した。

 


主力の映画事業で、『検察側の罪人』が興行収入30億円に迫るヒットとなり業績をけん引したほか、『ボヘミアン・ラプソディ』、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が大ヒットを記録したものの、『シン・ゴジラ』『君の名は。』のパッケージ販売の反動が引き続き影響した、としている。『ウマ娘 プリティーダービー』は好調だったとのこと。

このほか、演劇事業では『DREAM BOYS』や『マリー・アントワネット』等の話題作が盛況で増収となるも、帝国劇場のリニューアル費用の計上で響いて減益となった。

続く2019年2月期は、営業収入2360億円(前期比2.7%減)、営業利益400億円(同15.9%減)、経常利益418億円(同14.1%減)、最終利益274億円(同18.3%減)を見込む。従来予想からは変更はない。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東宝

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事