18年10-12月決算、GMOインターネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GMO、2018年12月期は207億円の最終赤字に ネットイ...

GMO、2018年12月期は207億円の最終赤字に ネットインフラと金融好調もマイニング事業の再構築で353億円の特損

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOインターネット<9449>は、本日(2月12日)、2018年12月通期の連結決算を発表し、売上高1851億円(前の期比20.0%増)、営業利益217億円(同23.5%増)、経常利益191億円(同10.5%増)、最終損益207億円の赤字(前の期の実績は80億円の黒字)となった。最終赤字が大きな赤字となったが、これは仮想通貨のマイニング事業の再構築に伴う特別損失を計上したことによる。

 


インターネットインフラ事業で決済事業・セキュリティ事業をはじめ各事業が好調に推移したことに加え、インターネット金融事業で主力商材である店頭 FX の取引高は前年同期を下回ったものの、ビッグデータ解析による収益率の改善が進んだ、としている。両事業とも最高業績を更新した。

一方、仮想通貨マイニング事業で、仮想通貨価格の下落、想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇という事業環境の変化を踏まえ、事業の再構築に伴う特別損失353億8500万円を計上した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事