日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(2/12)】3Qの2ケタ営業増益材料に日本一...

【ゲーム株概況(2/12)】3Qの2ケタ営業増益材料に日本一ソフトが大幅続伸 セガサミーHDは5日続落 CRI・ミドルウェアは利益確定売りに押される

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
2月12日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに大幅反発し、前日比531.04円高の2万864.21円で取引を終えた。再閉鎖される見通しだった米国の政府機関が閉鎖を回避するとの見方が市場の追い風となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前週末2月8日に発表した2019年3月期の第3四半期決算が2ケタ超の営業増益となった日本一ソフトウェア<3851>が大幅続伸したほか、ミクシィ<2121>やサイバーエージェント<4751>など主力株の一角が買われた。

また、マイネット<3928>や、この日の大引け後に第1四半期決算の発表を予定していたバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>も高い。

半面、セガサミーHD<6460>が5日続落と下げ止まらず、DeNA<2432>やグリー<3632>がさえない。

前週末8日に第1四半期の好決算を受けてストップ高したCRI・ミドルウェア<3698>は利益確定の売り物に押された。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本一ソフトウェア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事