18年10-12月決算、KLabに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【KLab決算説明会速報】新作パイプラインは4本 中国版『B...

【KLab決算説明会速報】新作パイプラインは4本 中国版『BLEACH』の韓国・東南アジア展開も予定 「グローバルで受け入れられるゲーム作りを」(森田専務)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

KLab<3656>は、2月13日、2018年12月期の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。決算説明会では、第4四半期(10~12月)と2018年12月期の実績や今後の方針などについて一通り説明が行われた後、質疑応答が実施された。今回は、その中から同社の新作パイプラインについて取り上げたい。

現在、同社の新作パイプラインは、全部で4タイトルとなっている。うち、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS』と『禍つヴァールハイト』、バンダイナムコエンターテインメントが配信予定の『テイルズ オブ クレストリア』が2019年のリリース予定となっている。

さらに、先日、中国の盛大遊戯/Shanda Games(シャンダゲームズ)と共同開発、運営を行うことが発表された『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』を加えた4本がその内容となっている。ちなみに『ラピスリライツ』は、日本だけでなく、中国本土での展開も予定されている。

なお、海外展開については、中国の崑崙ゲームと共同開発した『BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神』の韓国・東南アジアへ展開を予定しているほか、中国のGAEAがiOS版をテスト配信している『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の簡体字版も中国政府による正式版リリースの許諾待ちの段階にあるという。

今年3月の社長就任が内定している森田英克専務は、「日本だけで受け入れられるゲーム作りではなく、グローバルで受け入れられるゲーム作りを行っていく」としていた。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年10-12月決算KLab

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 真田哲弥
決算期 12月
直近業績 売上高267億円、営業利益48億円、経常利益48億円、最終利益31億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事