18年10-12月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、18年12月期の営業損失は14億8600万円と...

Aiming、18年12月期の営業損失は14億8600万円と赤字幅縮小 『キャラスト』が『ログレス』に続くタイトルに成長 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
Aiming<3911>は、本日2月14日、2018年12月通期の連結決算を発表し、売上高73億1400万円(前の期比7.0%増)、営業損益15億0900万円の赤字(同29億4900万円の赤字)、経常損益15億0900万円の赤字(同29億4700万円の赤字)、最終損益15億5300万円の赤字(同29億7200万円の赤字)だった。

 


『剣と魔法のログレス いにしえの女神』は、ゲーム内バランスを調整しながら課金施策を実施したことで、新ジョブの追加や有名IPとのコラボレーションにより課金需要を創出した結果、引き続き売上を牽引した。

加えて、『CARAVAN STORIES』も年間を通じて高いユーザー継続率を維持し、『ログレス』に次ぐタイトルに成長。さらに『CARAVAN STORIES』は、2018年4月にPC版、2018年7月に繁体字版のサービスを開始した。

新規タイトルについては、スクウェア・エニックスとの共同開発タイトル『ゲシュタルト・オーディン』や当社が開発・運営を担当し、バンダイナムコオンラインが提供する『戦国大河』など3本を配信した。

新規タイトルのサービス開始が第4四半期に集中したため売上への影響は限定的だったが、『CARAVAN STORIES』が年間を通じて売上貢献した。

また、費用面では適切なコストコントロールの実施に加え、自社完全オリジナルとして開発していたタイトルを共同開発に移行することでリスク軽減を図り、これまでにかかった開発費用を共同開発の相手先負担分として減額し、営業赤字は縮小した。


 
■第1四半期の見通し

第1四半期(1~3月)は、売上高16億0400万円(前期比18.5%減)、営業利益4000万円、経常利益3500万円、最終利益2700万円と黒字転換を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年10-12月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事