18年10-12月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【Aiming決算説明会速報】アニメ系IPタイトルは『HUN...

【Aiming決算説明会速報】アニメ系IPタイトルは『HUNTER×HUNTER グリードアドベンチャー』をバンナムと共同開発 2019年の新作は2本の予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

Aiming<3911>は、2月14日、東京都内で2018年12月期の決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の椎葉忠志社長がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から、同社の新作パイプラインの状況について取り上げたい。

まずは、2018年にリリースしたタイトルのおさらいとなるが、2018年は、スクウェア・エニックスとの共同開発タイトル『ゲシュタルト・オーディン』、バンナムオンラインとの協業タイトル『戦国大河』、そしてこれまでアニメ系IPタイトルとしていた『HUNTER×HUNTER グリードアドベンチャー』(配信はバンダイナムコエンターテインメント)の合計3本をリリースした。

ただ、『HUNTER×HUNTER グリードアドベンチャー』については、予定通り12月にサービスを開始したものの、サーバートラブル解消のための長期メンテナンスを実施しており、1月にサービスを再開した形になる。

一方、2019年については、これまで通り、マーベラス<7844>と共同開発を行っているオリジナルタイトルと、ゲーム系IPタイトルの2本のリリースが予定されている。先般発表された中国Giant社との共同開発タイトル『Project:R』や、ディライトワークスとの共同開発タイトルについては、現時点ではリリース時期は未定としている。

なお、『Project:R』は、日本と中国で「両社がそれぞれパブリッシングを担当」(椎葉社長)する形となるが、両市場の展開分からお互いが収益を得ることになるようだ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事