MorningTec Japanに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム提携記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 中国MorningTec、enishと業務提携 2本のゲーム...

中国MorningTec、enishと業務提携 2本のゲームアプリを共同開発・運営へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
MorningTec Japanは、同社親会社の上海晨之科信息技术有限公司(MorningTec)が、enish<3667>と2本の新規ゲームアプリを共同開発し、日本のみならず全世界で配信することで合意したことを本日(2月21日)明らかにした。

MorningTecは、中国で“二次元系“産業に特化したゲームのパブリッシング事業及びソーシャルプラットフォームを展開しているオンラインゲームパブリッシャーで、ゲームアプリの開発から流通に関する幅広いノウハウを蓄積している。また、“世界の面白いゲームを広める“という理念のもとに、本社の上海以外にも、北京、広州、成都、香港、台湾、東京に支社を開設しているほか、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東でグローバルな流通戦略を積極的に展開する方針を持つ。

日本法人のMorningTec Japanは2017年3月に設立し、中華圏の人気モバイルオンラインゲームの日本版ローカライズおよびパブリッシング事業を行っている。

enishは、これまで『ぼくのレストランⅡ』『ガルショ☆』をはじめとした女性向けモバイルゲームを展開しており、2016 年の男性向けロールプレイングゲームの配信や、2017年の欅坂46初の公式アプリ『欅のキセキ』配信など、多様なコンテンツを取り扱うことで、ゲームアプリの企画力・開発技術力・運営ノウハウを蓄積している。『欅のキセキ』は、累計350万ダウンロードを突破し、1周年を迎えた現時点でも、AppStoreでは「4.8」GooglePlayでは「4.5」とユーザーから高い評価を得ている。

両社は今後、それぞれの得意分野を融合したゲームアプリの開発・運営を行うとともに、世界全体のゲームコンテンツ市場がアジアを中心にさらに拡大しているなか、開発したゲームアプリをグローバルで展開していく目的で連携していく。

この取り組みの第一弾として、ゲームアプリの共同開発と、MorningTecが開発するゲームアプリの日本パブリッシングをenishが行うことで合意した。これにより、2019年にenishは日本において新たに2つのタイトルを配信する予定。

なお、当該タイトルはMorningTecが中国で展開し、順次グローバル展開を行う予定となっている。また、共同開発のタイトル以外にも、enishはMorningTecのグラフィック制作のサポートを行い、高水準な日本のイラストを全世界のユーザーに提供する。

MorninTec Japanはenishとの業務提携を通じ、日本におけるゲーム開発・運営のノウハウを取り込み、今後の日本でのパブリッシング事業の競争力を高める、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高43億8200万円、営業損益9億1400万円の赤字、経常損益9億1100万円の赤字、当期純損益9億8200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事