Fate/Grand Order(FGO)、Pearl Abyss(パールアビス)、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 首位を走る『FGO』に待ったをかける『ドラゴンボールZ ドッ...

首位を走る『FGO』に待ったをかける『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』、150万DL突破の『黒い砂漠モバイル』は上位定着…App Store売上ランキングの1週間を振り返る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

 
3月4日~3月8日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみよう。まず週の前半は、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が、2月27日より開催している「キングプロテアピックアップ召喚(日替り)」(関連記事)の好調を持続して3月5日まで首位をキープした。

それに待ったをかけたのが、バンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』だ。『ドッカンバトル』は、3月5日17時より、新SSR「【果てしなき死闘】孫悟空(少年期)」が登場した「ドッカンフェス」と、新たなカテゴリ「少年・少女」に関連するキャラクターたちをピックアップした「少年・少女」カテゴリガシャを開催。この施策が功を奏し、翌6日に『FGO』から首位の座を奪還している。
 
また今週は、2月26日にリリースされたパールアビスジャパンの『黒い砂漠モバイル』が、累計150万ダウンロード突破の勢いにのってトップ5入りを果たしている。3月9日のランキング(関連記事)ではトップに迫る2位にランクインしており、来週以降、首位獲得となるか注目される。

 
■3月4日
 

週明けの3月4日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、上位3タイトルの順位に動きはなく、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が首位をキープした。

上位陣では、バンダイナムコエンターテインメントとCygamesの『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』が土曜日の11位から4位に上昇した。『デレステ』は、3月3日15時より、「少女解放プライベートリゾートガシャ」を開催しており、SSレア「大槻唯(CV:山下七海)」など4人の新アイドルが登場していることが売り上げにつながったようだ。
 
出所:AppAnnie


また、ランキングの上昇が目立ったのは、前日の134位から27位まで上昇し、トップ30に復帰したリベル・エンタテインメントの『A3!』だ。『A3!』は、3月3日0時より、限定スカウト「オレたちの1st LIVE」を開始しており、SSRに夏組の皇天馬、SRに秋組の伏見臣と冬組の有栖川誉らが登場していることが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie

 
■3月5日
 

FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』の首位が続いたこの日。上位陣では、コナミデジタルエンタテインメントの『実況パワフルプロ野球』が前日の24位から5位に浮上してきた。『パワプロ』は、3月4日より、サクセス新シナリオ「世紀末北斗高校編」の配信を開始しており、イベキャラとなった「北斗の拳」の登場人物たちが登場した「祝賀会 北斗の拳コラボ記念ガチャ ~柔の章~」を実施していることなどが売り上げに貢献しているもよう。
 
出所:AppAnnie


また、サムザップの『戦国炎舞 -KIZNA-』が前日の23位から8位に入ってきた。『戦国炎舞』は、新シリーズ「乱世駆ける戦姫」のカードが獲得しやすい「新シリーズリリース記念SSR確定ガチャ」と「新シリーズリリース記念毎日ガチャ」のほか、「戦乱選抜ガチャ」など複数のガチャを3月4日15時より開始していることが売り上げに寄与しているようだ。
 
出所:AppAnnie

 
■3月6日
 
3月6日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、バンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位に立った。

『ドッカンバトル』は、新SSR「【果てしなき死闘】孫悟空(少年期)」が登場した「ドッカンフェス」と、新たなカテゴリ「少年・少女」に関連するキャラクターたちをピックアップした「少年・少女」カテゴリガシャを3月5日17時より開催していることが首位奪回につながったようだ。
 
出所:AppAnnie


また、コロプラ<3668>の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が前日の78位から5位に飛び込んできた。『黒猫のウィズ』は、3月5日より、6周年記念キャンペーンを開催(関連記事)しており、その中で6周年記念ガチャに限定精霊が登場していることが売り上げに寄与しているもよう。
 
出所:AppAnnie

 
■3月7日
 

バンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位をキープしたこの日。

トップ10圏内では、先日3月4日に累計150万ダウンロードを突破したことを発表しているパールアビスジャパンの『黒い砂漠モバイル』が5位に浮上した。なお、リリース後の最高順位は2月27日の夜に記録した4位となっており、このまま初のトップ3をうかがうことになるのかどうか注目される。
 
出所:AppAnnie
 

ランキングの動きで目立ったのは、前日の49位から17位に急浮上したNetmarbleの『リネージュ2 レボリューション』だ。『リネレボ』は、3月6日のアップデートで新装備特性「竜」や新次元の迷路「龍の心臓の寺院」を実装(関連記事)しており、竜族装備強化アイテムが獲得できる新規パックや竜族装備の排出率が大幅アップされた召喚ボックスが登場していることが売り上げにつながっているようだ。
 
出所:AppAnnie

 
■3月8日
 
この日、初の首位に立ったのが、コナミデジタルエンタテインメントの『ウイニングイレブン2019』。

『ウイイレ2019』は、3月7日より、SSCナポリに所属している選手が注目選手として限定デザインで登場したエージェントや、週末の試合で活躍した選手が注目選手として限定デザインで登場したエージェント、欧州最高峰のクラブから498人をピックアップしたエージェントが登場していることが売り上げに寄与しているようだ。
 
出所:AppAnnie


また、ポケラボとスクウェア・エニックスの『SINoALICE』が前日の58位から11位に急上昇。『SINoALICE』は、3月7日16時より、いばら姫(CV:本渡 楓)の新ジョブが「いばら姫/淫蠍のクレリック」が登場する「淫蕩ナ妖蠍ガチャ」を開始(関連記事)していることが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie
 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 塩田元規
決算期 3月
直近業績 売上高115億円(前の期比93.9%増)、営業利益47億円(同121.3%増)、経常利益46億円(同133.1%増)、最終利益32億円(同195.9%増)(2017年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事