セガゲームスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガゲームス、同社の小玉理恵子氏が米・サンフランシスコで開催...

セガゲームス、同社の小玉理恵子氏が米・サンフランシスコで開催された「Game Developers Choice Awards 2019」でパイオニア賞を受賞

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガゲームスは、米・サンフランシスコで3月20日(現地時間)に行われた「Game Developers Choice Awards 2019」において、同社の小玉理恵子氏がパイオニア賞を受賞したことを発表した。

「Game Developers Choice Awards」は、ゲーム業界のクリエイターによって構成される団体「International Choice Awards Network(ICAN)」の選考により、発表されたゲームを、創造性、芸術性、技術的な観点から評価し、功績をあげた開発者やゲームに対して年次で表彰するアワード。2001年に第1回目の表彰が行われ、今回が第19回目となる。

今回受賞したパイオニア賞は、革新的な技術やゲームコンセプト、ゲームデザインを行うことでゲーム業界の発展に貢献し、先駆的な役割を果たしたゲーム開発者個人を対象に贈られる特別賞。なお、日本人ゲーム開発者では史上3人目、女性としては史上初の受賞となった。

このたびの受賞は、小玉理恵子氏が女性ゲーム開発者の先駆者であるとともに、ゲーム開発者としての長年にわたる功績が評価されたもの。小玉理恵子は、これまで『ファンタシースター』シリーズ、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『エターナルアルカディア』などセガを代表する数多くのタイトルに携わってきたほか、現在も本人が手掛けたタイトルを含む過去のタイトルを現代に甦らせる「SEGA AGES(セガエイジス)」シリーズのリードプロデューサーを務めている。

▼小玉理恵子氏受賞コメント
このたびはパイオニア賞という栄誉ある賞に選んでいただき、ありがとうございます。思いがけず長年の活動について、ICANの皆さまにこのような形で評価していただいたことを大変うれしく思っています。また、一緒にゲーム制作で関わっていただいた皆さま、そして、これまでゲームを愛してくださった皆さまがいらっしゃったからこその受賞だと思っています。この場をお借りして皆さまに御礼申し上げます。

現在はセガの名作タイトルを現代に甦らせるNintendo Switch向け「SEGA AGES」シリーズのプロジェクトに携わっていますが、今後も世界中の皆さまに楽しんでいただけるようゲーム作りに取り組んでいきたいと思います。

【小玉 理恵子(こだま・りえこ)氏プロフィール】



1984年にセガ(現・セガゲームス)にデザイナーとして入社。『忍者プリンセス』(1985年)などのアーケードゲームを手掛ける。また、数多くの家庭用ゲームタイトルに関わり、セガ・マークⅢ向けとして『アレックスキッドのミラクルワールド』(1986年)や『ファンタシースター』(1987年)、メガドライブ
向けとして『獣王記』(1988年)、『アレックスキッド 天空魔城』(1989年)、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(1991年)などに関わる。

その後、メガドライブ『ファンタシースター 千年紀の終りに』(1993年)でチームリーダー、セガサターン『魔法騎士レイアース』(1995年)ではディレクター、セガサターン『DEEP FEAR』(1998年)、ドリームキャスト『エターナルアルカディア』(2000年)、ニンテンドーDSなどで発売された『セブンスドラゴン』シリーズではそれぞれプロデューサーを務めた。現在は、セガの名作ゲームをNintendo Switch向けに復刻するプロジェクト「SEGA AGES」シリーズのリードプロデューサー/ディレクターを務めている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社セガゲームス)

会社名 株式会社セガゲームス
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見治紀
決算期 3月
直近業績 売上高683億円、営業利益64億円、経常利益77億円、最終利益60億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事