ドラゴンクエストライバルズ、スクウェア・エニックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で4月のカードバラン...

スクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で4月のカードバランス調整について発表 勝率が突出したリーダーはいないため変更調整の実施はなし

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

スクウェア・エニックスは、対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』において、3月11日に事前告知を行っていた追加のカードバランス調整についての発表を行った。

運営チームで検討した結果、デッキ相性の面で有利/不利な状況となる場合はあるものの、調整を実施する必要があるほど勝率が突出しているリーダーはいないため今回カードの変更調整は実施しないとのこと。

■現在のゲーム環境について
前回のカードバランス調整後、ゲーム内では 英雄(ヒーロー)カード《レックス》と新能力「絶好調」を持つユニットを使用して戦う戦士のデッキや回復効果でゲームを長期化させ《ラーミア》での勝利を目指す僧侶のデッキの使用率が高い状況とのこと。

戦士は特にレジェンドランクにおいて使用率34%(全ランクでは使用率16%)と突出しているが現在よく使われている《レックス》を軸としたデッキは対策されやすく、苦手がはっきりしている傾向がありレジェンドランク帯での勝率は51%程度と適正な数値になっている。

僧侶は全ランク帯で見たときに使用率22%と最も使用率が高いリーダーになっている。その中心として使われている《ラーミア》を軸としたデッキは特殊勝利デッキかつ使用率が高いため警戒視しているが平均勝率は47%ほどだという。

以上の状況を踏まえ、現在の環境は
・使用率の高いリーダーはいるが 突出した勝率ではない
・どのリーダーも得意/苦手が存在する
状態であり、カードの調整は不要と判断したと発表されている。

一方で、職業間の得意/苦手の傾向が強まっており、複数デッキから選択する大会形式では問題ないが、対戦相手のデッキがわからないゲーム内ランクマッチでは一方的な展開となるケースが増えることも認識しているとしている。これは今後のカード追加でも意識して調整していくとのこと。

■次回の調整について
第6弾カードパック期間中のバランス調整は行わない予定だが第7弾カードパック発売時にあわせて既存の一部カードを調整する可能性がある。

これは、新しいパックの追加により使用可能なカードが増えることでこれまで以上に有用な使い方ができるようになるカードが強力になりすぎないよう調整することを目的としている。

実施が決まった際にはこれまで同様に事前にお知らせする。


 
■『ドラゴンクエストライバルズ』
 

Google Play

App Store



©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
©SUGIYAMA KOBO
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社トーセ)

会社名 株式会社トーセ
URL http://www.tose.co.jp/
設立 1979年11月
代表者 齋藤茂
決算期 8月
直近業績 売上高54.60億円、営業利益5.35億円、経常利益6.02億円、当期純利益4.70億円(2013年8月期)
上場区分 東証一部
証券コード 4728

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高1922億円、経常利益341億円、最終利益279億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部(スクウェア・エニックス・ホールディングス)
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事