19年1-3月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、2019年3月期の営業利益は21.7%増の8942億...

ソニー、2019年3月期の営業利益は21.7%増の8942億円…PS4を中心とするゲーム事業好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー<6758>は、本日(4月26日)、2019年3月通期の連結決算(SEC基準)を発表し、売上高及び営業収入8兆6656億円(前の期比1.4%増)、営業利益8942億円(同21.7%増)、税引前利益1兆0116億円(同44.7%増)、最終利益9162億円(同86.7%増)と増収増益を達成した。

 


ゲーム&ネットワークサービスの売上高が同18.9%増の2兆3108億円、営業利益が75.3%増の3110億円と大きく伸び、全体の収益拡大をけん引した。音楽やイメージング・プロダクツ&ソリューションも増収増益を達成した。ホームエンタテインメント&サウンドや映画も増益だった。

その一方、モバイル・コミュニケーションは売上高が31.2%減の4980億円、営業損益が971億円の赤字(前の期は276億円の赤字)と大幅減収・赤字幅拡大となるなど苦戦した。

続く2020年3月期は、売上高及び営業収入8兆8000億円(前期比1.5%増)、営業利益8100億円(同9.4%減)、税引前利益7700億円(同23.9%減)、最終利益5000億円(同45.4%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー19年1-3月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事