19年1-3月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、19年3月期は売上高2.5%増、営業益26....

セガサミーHD、19年3月期は売上高2.5%増、営業益26.2%減に デジタルゲーム分野で新作タイトルが苦戦、当初想定を大幅に下回る結果に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、4月26日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高3316億円(前々期比2.5%増)、営業利益130億円(同26.2%減)、経常利益74億円(同48.6%減)、最終利益26億円(同70.4%減)となった。
 

セグメント別の状況は以下のとおり。

①遊技機事業…売上高1014億円(前々期比4.0%減)、営業利益134億円(同13.1%増)
パチスロ遊技機には5.9号機に加え、6号機やジーグ社製の筐体の投入を開始し、6万7000台の販売(前期は8万5000台の販売)となった。パチンコ遊技機は、旧基準機を中心に販売を行い、15万9000台の販売(前期は14万台の販売)となった。

②エンタテインメントコンテンツ事業…売上高2196億円(同比5.6%増)、営業利益98億円(同33.6%減)
デジタルゲーム分野は、複数の新作タイトルのサービスを開始したが、想定していた評価に届かず、既存運営タイトルも減衰が続いたため、当初想定を大幅に下回った。パッケージゲーム分野は、新作タイトルの遅延などが発生したが、リピート販売が好調だったことにより、販売本数2344万本(前期は1733万本の販売)となった。

アミューズメント機器分野は、引き続きビデオゲームおよびプライズ機などを中心に販売を実施した。アミューズメント施設分野は、プライズを中心とした施設オペレーションの実施により、国内既存店舗の売上高は前期比で104.0%となった。映像・玩具分野ては、劇場版「名探偵コナン」シリーズの配給収入や映像配信の収入を計上したほか、玩具において、新製品や定番製品を販売した。

③リゾート事業…売上高105億円(前期比6.6%増)、営業損益24億円の赤字(前期25億円の赤字)
「フェニックス・シーガイア・リゾート」において、宿泊利用が堅調に伸び、利用者数は前期比33.8%増となった。

なお、続く2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高3900億円(前期比17.6%増)、営業利益270億円(同2.0倍)、経常利益230億円(同3.0倍)、最終利益150億円(同5.6倍)の見込み。

デジタルゲーム分野では、モバイル向け既存タイトル運営数および新作タイトル投入規模の適正化を進め、収益性が見込めるIP活用タイトルを中心に新作タイトルを投入していくほか、パッケージゲーム分野などへのリソース配分を進め、収益改善を図るとしている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算セガサミーホールディングス

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事