18年12月-19年2月決算、アクロディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アクロディア、第2四半期は増収・赤字転落 「サッカー日本代表...

アクロディア、第2四半期は増収・赤字転落 「サッカー日本代表ヒーローズ」がW杯の反動で収益低下、開発中のアプリも減損

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
アクロディア<3823>は、4月15日、第2四半期(18年年9月~19年2月)の連結決算を発表し、売上高7億7700万円(前年同期比15.4%増)、営業損益3600万円の赤字(前年同期5700万円の黒字)、経常損益1400万円の赤字(同2500万円の黒字)、最終損益3700万円の赤字(同2400万円の黒字)だった。

 


不動産のサブリース、商標権の管理及び飲食業等を行う飲食関連事業の売上が伸びたものの、のれん及び商標権償却額などが負担となった。IoT野球ボール「Technical Pitch」が伸び悩んだことに加え、ソーシャルゲーム「サッカー日本代表2020ヒーローズ」の売上もW杯以降の反動で落ち込んだことも響いた。

このほか、外的要因により今後の使用が見込めなくなった自社ソフトウェア資産700万円と、開発中のアプリについて事業計画が当初想定していたとおりに進展しておらず収益見込みが不確実な自社ソフトウエア資産300万円について減損処理を行ったという。

続く19年8月通期は、売上高18億6100万円(前期比42.9%増)、営業利益2200億円(同56.9%減)、経常利益5400万円(同116.5%増)、最終利益3400億円(同428.7%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年12月-19年2月決算アクロディア

企業情報(株式会社アクロディア)

会社名 株式会社アクロディア
URL http://www.acrodea.co.jp/
設立 2004年7月
代表者 堤 純也
決算期 8月
直近業績 売上高43億1200万円、営業損益8000万円の赤字、経常損益1億8900万円の赤字、当期純損益8300万円の赤字(2013年8月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3823

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事