19年1-3月決算、ユナイテッドに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ユナイテッド、19年3月期は売上高90%増、営業益6.7倍で...

ユナイテッド、19年3月期は売上高90%増、営業益6.7倍で着地 1Qのメルカリ上場に伴う株式売却益が寄与 ゲーム事業はトライフォート連結化が寄与

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ユナイテッド<2497>は、5月9日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高275億8000万円(前々期比90.9%増)、営業利益110億8400万円(同6.7倍)、経常利益110億5800万円(同6.7倍)、最終利益70億800万円(同8.2倍)となった。
 

主なセグメントごとの状況は以下のとおり。

①アドテクノロジー事業…売上高64億2700万円(前々期比17.1%減)、セグメント利益4800万円(同91.5%減)
アプリ広告領域において「ADeals」が順調に拡大を続けているものの、ウェブ広告領域において、市場環境の変化を受け、上半期において主力事業である「adstir」の売上高減少や「Bypass」における特定業種での出稿量減少などに伴う売上高減少があり、減収減益となった。

②ゲーム事業…売上高26億5300万円(同48.6%増)、セグメント損益6億2900万円の赤字(前年同期4億8500万円の黒字)
トライフォートの連結子会社化と『東京コンセプション』のリリースにより売上高は増加したものの、新規タイトルの開発投資の継続や新作ゲームの不調により、増収減益となった。

③コンテンツ事業…売上高46億9300万円(同17.3%増)、セグメント損益3億2800万円の赤字(前年同期6億2000万円の黒字)
新サービスを開始したSmarpriseと、主力事業が好調なキラメックス、フォッグの貢献により売上高は増収となったが、セグメント利益はSmarpriseやアラン・プロダクツにおける既存高収益事業の縮小により減益となった。

④インベストメント事業…売上高138億8600万円(同1,358.3%増)、セグメント利益134億8700万円(同1,510.4%増)
第1四半期連結会計期間において、投資先であるメルカリの上場に伴う株式売却益を計上した。

なお、2019年3月期通期の連結業績予想は、合理的な業績予想の算定が困難であるため非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算ユナイテッド

企業情報(ユナイテッド株式会社)

会社名 ユナイテッド株式会社
URL http://united.jp/
設立 1998年2月
代表者 早川 与規/金子 陽三
決算期 3月
直近業績 売上高144億4400万円、営業利益16億4800万円、経常利益16億2600万円、最終利益8億4900万円(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2497

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事