ディライトワークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームグッズ記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ディライトワークス、『Fate/stay night』初のボ...

ディライトワークス、『Fate/stay night』初のボードゲームを8月3日に発売決定! 遊び方や予約特典、ゲームデザイナーなど最新情報も公開に!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


​ディライトワークスは、『Fate/stay night』初のボードゲームとして制作している『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』の遊び方の特徴や、登場するサーヴァントのイラストなどを本作の公式サイトにて本日公開した。また、価格を6480円(税込)、発売予定日を8月3日に決定し、本日(5月25日)より先行予約を開始した。 

本作の制作は、ディライトワークスと日本を代表するアナログゲーム制作団体「BakaFire Party」が共同で行っている。「BakaFire Party」の代表である BakaFire 氏がゲームデザインを、ディライトワークスがディレクションとプロデュースをそれぞれ担当しており、東京ビッグサイトで開催されている「ゲームマーケット 2019 春」のディライトワークスブースで、本作のコンポーネントの実物初展示や、BakaFire 氏が登壇するトークショーを実施する。 


◆本作の遊び方の特徴を公開◆
本作においてプレイヤーは、手にした者の願いを叶えるという 「聖杯」を求めて戦う「聖杯戦争」に参加する。プレイヤーは、使い魔であるサーヴァントを使役する魔術師(マスター)として、マスターとサーヴァントのそれぞれが持つ能力を活かして、他のプレイヤーと「戦果」を競い合い、最後の一人となることを目指す。サーヴァントの正体である「真名」を隠匿しながら行動し、状況を見きわめながら、いつ「真名」を明かして勝負を仕掛けるかなど、戦略が重要となる「真名隠匿型バトルロイヤルボードゲーム」。 
 


・特徴 1:ランダムで決まるマスターとサーヴァントの組み合わせ
 マスターは、終盤になると圧倒的な魔力を持つ者や、通常より多くの手札を使える者など、それぞれプレイスタイルが異なる。また、サーヴァントは、切り札となる固有の「宝具」など、それぞれの個性に合わせた能力を持っている。ゲームプレイ時にプレイヤーはマスターを選び、さらに自身の使い魔となるサーヴァントのデッキをランダムで受け取ります。プレイするたびに組み合わせが変わり、それによって戦略も変わるため、何度でも新鮮な感覚で遊ぶことができる。 
 
 
 
・特徴 2:多岐にわたる勝利への選択肢
本作では、複数のラウンドを繰り返し、最終的に「戦果」というポイントを一番多く得たプレイヤーが勝利者となる。「宝具」の使用に必要な「魔力」を貯め、強力な効果で一気に勝負を仕掛けることや、積極的に他のプレイヤーと戦い「戦果」を得ること、戦わずして少量の「戦果」を得られる「偵察」に出ることなど勝利への選択肢は多岐にわたる。
 


・特徴 3:真名の隠匿
サーヴァントの「真名」を明かすことで、強力な効果を持つ「宝具」の使用などの行動を選択することができる。しかし、「真名」を明かすことで他のプレイヤーに自身が持っている能力が知られてしまうため、そのタイミングには入念な戦略が必要。「真名」を明かして「宝具」を使用するのか、隠し続けて立ち回るのか、すべてはプレイヤーの戦略次第。
 



◆3 騎のサーヴァントのイラストを公開◆
本作には、9 騎のサーヴァントが登場します。そのうちの 3 騎(画像左から:アーチャー、セイバー、ライダー)のイラストを本日公開した。サーヴァントのイラストは、スマートフォン向け FateRPG『Fate/Grand Order』でキャラクターデザインなどを手掛ける okojo 氏が、本作のために新たに描きおろしたものです。残る 6 騎のサーヴァントは、後日あらためて公開する。 
 


◆BakaFire Party と共同制作◆
本作の制作において、日本を代表するアナログゲーム制作団体「BakaFire Party」の代表である BakaFire 氏がゲームデザインを手掛け、ディライトワークスがコンポーネントやゲーム全体のディレクションとプロデュースを担当している。ディライトワークスがこれまでに実施してきた様々なボードゲーム関連の取り組みをきっかけに、今回の共同制作が実現した。

「BakaFire Party」が制作するゲームは、時間をかけてじっくりと楽しめる高い戦略性が特徴。代表作の『桜降る代に決闘を』は、独創的で奥深いゲーム性がボードゲームファンから高い支持を集めている。また、『惨劇 RoopeR』が海外では『Tragedy Looper』として発売され、アメリカのアナログゲームの賞「Dice Tower Awards 2014」にて最も革新的なゲームに送られる賞「Most Innovative Game」を受賞するなど、世界で活躍するボードゲーム制作団体。


◆本日 5月25日より先行予約の受付を開始◆
5月25日10:00 から 6月17日17:59 まで、ディライトワークスの公式オンラインストア「DELiGHTWORKS STORE」で、本作の先行予約の受付を開始する。先行予約の限定特典として、本作に登場する 7 人のマスターのイラストがプリントされた「トークン入れ特製マスターポーチ」をプレゼントする。
 


 

公式サイト




©TYPE-MOON ©DELiGHTWORKS
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディライトワークス

企業情報(ディライトワークス株式会社)

会社名 ディライトワークス株式会社
URL http://delightworks.jp/
設立 2014年1月
代表者 庄司顕仁
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事