NTTドコモに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NTTドコモ、誤差数cmの高精度で測位する「GNSS位置補正...

NTTドコモ、誤差数cmの高精度で測位する「GNSS位置補正情報配信基盤」の提供を秋に開始 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモは、5月28日、「GNSS位置補正情報配信基盤」(以下、本基盤)として提供開始すると発表した。提供は10月1日からとなる。

同社は測位衛星システムGNSSを活用することで誤差数センチメートルの高精度で測位することができる技術の検証を2019年3月より実施していたが、一定の成果をあげることができたため提供開始になったという。

昨今、各業界で取り組みが加速している既存製品のIoT機器化において、「高精度位置情報」に対するニーズが高まっている。特に建機業界などにおいては、労働力不足に対応したICT建機の普及による効率的な施工管理のために、数センチ単位での高精度な位置情報の把握が必要としている。

本基盤は、すでに国土地理院により全国に設置された約1,300局の電子基準点とドコモ独自固定局※3がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバに集めて加工した位置補正情報を、携帯電話ネットワークを通じて高精度位置情報を必要とする移動局に配信することで、誤差数センチメートルの高精度測位を可能にするという。

また、ソリューションパートナーとドコモが独自構築する配信サーバの開発と、現在の市場におけるGNSSに関わるインフラ機材の低価格化により、高品質でありながらご利用価格を抑えたサービス提供を実現する。ドコモは、本基盤をフラグシップパートナーとしてコマツが2019年10月1日から利用し、建機のオペレーター支援システムであるマシンガイダンス技術への活用を共同で推進していくとのこと。

今後ドコモは、本基盤を通じて建機業界だけでなく様々な業界の位置情報測位に関する課題に対して取り組むことを検討している。この取り組みには、移動局※4の小型化・省電力化が必要と考えており、その実現のためにクラウドで測位演算する新技術※5についても検討を進め、業界全体で広がる既存製品のIoT機器化の動きをより一層加速していく。

■「GNSS位置補正情報配信基盤」の概要

・事業概要
「GNSS位置補正情報配信基盤」は、ドコモ独自で「位置補正情報配信サーバ」を構築する仕組み。また、国土地理院が提供する電子基準点に加え、ドコモが独自固定局を設置・運用することで、高精度の位置測位を実現する。

本基盤を通じて、より身近な利用シーンを創出していく。具体的には、車椅子の移動の際の正確な誘導をはじめとした高精度位置情報を活用した安心・安全に対する取り組みに貢献できると考えている。また、スポーツ分野における選手の移動軌跡の正確な把握による高度な分析や、地図のない空中での安全な機器(例:ドローンなど)の制御による空中での新しい物流空間の実現などの利用シーンの創出も考えられる。


・受付・提供開始日
2019年10月1日

・提供価格
未定

・技術検証の成果
2019年3月より技術検証を開始し、ドコモが構築するドコモ独自固定局と位置補正情報配信サーバで、目標としていた約±2センチメートル以内の誤差に収束する測位精度が実現できることを確認した。

 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NTTドコモ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事