サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/29】ポケモン発表会も関連銘柄は反応薄 ...

【ゲーム株概況(5/29】ポケモン発表会も関連銘柄は反応薄 『ドラクエ』新作思惑で買われた銘柄が軟調 特損計上のgumi安い 直近IPO物色でギークスが高い

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ


5月29日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに反落となった。前日比256.77円安の2万1003.37円で取引を終えた。前日の米国株式市場が下落したことを受けて、幅広い銘柄が売られた。一時は2万1000円を割り込む場面もあったものの、日銀によるETF買いの思惑から引けにかけて下げ幅を縮小した。

こうしたなか、ゲーム関連株を見ると、値を下げる銘柄が目立った。

ゲーム業界で注目を集めたトピックスとしては、ポケモンが都内で事業戦略発表会を開催したことだろう。『Pokémon Sleep』や『Pokémon GO』と連携した新デバイス『Pokémon GO Plus +』を発表した任天堂<7974>と、『ポケモンマスターズ』を共同開発するディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>が小安い。

特にDeNAに関しては、材料出尽くしというよりは、『マリオカートツアー』のβテストや、ポケモンとの共同タイトルを発表して以来、年初来高値を更新するなど高値圏にあったうえ、発表会開催のアナウンスも出ていたことから何らかの発表を期待した先回り買いが入っていたようだ。

また、gumi<3903>もさえない。この日の朝方、欧州子会社のgumi Europeから撤退し、特別損失として2億5000万円を計上すると発表したことが嫌気されたようだ。ただ、短期的には業績にマイナスだが、今後、年間で6億円程度の営業利益の改善が見込まれるとしている。

このほか、スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト』シリーズの新作発表への思惑から、前日買われていたサイバーエージェント<4751>や、トーセ<4728>、エヌジェイホールディングス<9421>が利食い売りに押されて大きく値を下げた。

他方、ギークス<7060>は続伸した。全体的に手詰まり感が強まるなか、シコリの少ない好業績の直近IPO銘柄の一角に物色の矛先が向かっており、その一つとして注目された可能性がある。




【ゲーム関連株】
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumiエヌジェイホールディングスサイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事