カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(6/6)】会話型AIチャットボット開発協力の...

【ゲーム株概況(6/6)】会話型AIチャットボット開発協力のカヤックが買われる ガンホーは目先材料出尽くしに アエリアは好材料相次ぐも乱高下

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
6月6日の東京株式市場では、日経平均株価は小反落し、前日比2.06円安の2万774.04円で取引を終えた。米国市場高を受けて国内市場も堅調な推移が続いたものの、大引けにかけて戻りの鈍さを嫌気した売り物に押され、マイナスに転じた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>やガーラ<4777>、カヤック<3904>、アカツキ<3932>などが買われた。カヤックは、KDDI<9433>の会話型AIチャットボットの企画、制作に協力したと発表したことが株価の刺激材料となったようだ。

また、バンダイナムコHD<7832>やコナミHD<9766>など大手ゲーム株の一角もしっかり。

半面、ガンホー<3765>は、新作『ラグナロク マスターズ』の正式サービスが6月5日に開始になったものの、目先材料出尽くしとみた売り物に押され、NJHD<9421>やエイチーム<3662>なども売られた。

前日6月5日に子会社サイバードの『イケメンヴァンパイア』の繁体字版のサービス開始、本日6月6日に同じく子会社リベルの次代声優育成ゲーム『CUE!(キュー)』の事前登録を開始と好材料が相次いだアエリア<3758>は、後場寄りまで買い優勢の展開となったものの、買い一巡後は利益確定の売り物に押された。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤックアエリア

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高158億7100万円、営業利益26億9100万円、経常利益27億6000万円、当期純利益20億8000万円(2017年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高58億1600万円、営業損益3億9100万円の赤字、経常損益3億4700万円の赤字、最終損益2億5300万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事