バンダイナムコライツマーケティングに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンダイナムコライツマーケティング、2019年3月期の最終利...

バンダイナムコライツマーケティング、2019年3月期の最終利益は64%減の2億8500万円…「バンダイチャンネル」など運営、アニメコンソーシアムジャパンと合併

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
バンダイナムコライツマーケティングの2019年3月期の最終利益は、前の期比で64.0%減の2億8500万円だった。前の期(2018年3月期)の実績は7億9200万円だった。

同社は、アニメ配信サービス「バンダイチャンネル」のほか、「ガンダムファンクラブ」「東映特撮ファンクラブ」「JAM Project」などの運営を行っている。アニメコンソーシアムジャパン(ACJ)と2018年3月20日付で合併した。ACJは業績面で苦戦していた経緯を考えると、大幅な減益の背景には合併があったものと見られる。


【関連記事】
バンナムHD、アニメコンソーシアムジャパンを完全子会社化…動画配信権の獲得競争激化など外部環境の急激な変化に対応するため
バンダイナムコライツマーケティング、アニメコンソーシアムジャパンを吸収合併
アニメコンソーシアムジャパン、16年3月期の決算公告を「官報」に掲載…最終損益11.4億円の赤字に
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコライツマーケティング

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事