サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェントの「AI Lab」、東京都が開催する「T...

サイバーエージェントの「AI Lab」、東京都が開催する「Tokyo Robot Collection」で接客ロボットの実証実験が採択

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

サイバーエージェント<4751>における研究開発組織「AI Lab」は、東京都(委託先:NTTデータ経営研究所)が開催する先端テクノロジーショーケーシング事業「Tokyo Robot Collection」において、大阪大学との共同研究グループによる接客ロボットの実証実験が採択されたことを発表した。

■竹芝地区にて、街全体のロボット実装化に向けた実証実験を実施
東京都では、東京2020大会を史上最もイノベーティブな大会とするため、本年度より東京2020大会に向けた先端テクノロジーショーケーシング事業(事業名:Tokyo Robot Collection)を行っている。多数の応募の中から実証実験に使用するロボットを選定し、各実証フィールドにおいて複数の実証実験を予定している。街全体へのロボット実装化に向けた実証では竹芝客船ターミナルを実証フィールドとし、8月21日から8月23日にかけて開催される第5回竹芝夏ふぇすにて検証を行う。

今回、共同研究グループでは、街全体のロボット実装化に向けて、「操作者の能力を向上させる遠隔操作ロボット」「人を立ち止まらせる声かけロボット」の2つのロボットシステムの実証実験を行う。

近年、労働力人口の減少や都市への人口集中を背景に、サービス業における人手不足が課題となっており、業務効率化や自動化が進む一方、働き改革の一つとして遠隔勤務(リモートワーク、テレワーク)が注目されている。街全体のロボット実装化において、自律的に動作するロボットを導入するのはもちろんのこと、街に暮らす方や街に訪れたい方が、自宅や遠隔からロボットを操作することで、街で働ける世界を実現したいと考えているという。

このような背景のもと、本実証実験では第5回竹芝夏ふぇすにおいて、複数体の卓上型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を使用した様々なサービス提供を行う。利用者にサービスを受けてもらう最初のきっかけを作り出す、自律的に動作する「声かけロボット」の実験を行うと同時に、サービス業における遠隔勤務の手段として遠隔操作ロボットを導入し、働き手が時間や場所、スキルの制約を受けずに遠隔からロボットを操作することは、サービス利用者が満足できる質の高いサービスを提供できるのか、その可能性の検証を行う。



今後も共同研究グループでは、実証実験を通して得た結果をもとにロボットによる接客・広告技術の研究を進め、社会における実用化に向けて取り組んでいく方針だ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事