19年4-6月決算、グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【グリー決算説明会】営利41.9%減の主要因はブラウザゲーム...

【グリー決算説明会】営利41.9%減の主要因はブラウザゲームの落ち込み タイトルの長期運営力、海外展開、新規タイトル2本(他社IP)で巻き返しを狙う

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

グリー<3632>は、8月2日、東京都内で2019年6月期の決算説明会を開催した。説明会では同社の田中良和社長が「4Qの周年イベント」が功を奏しタイトルの長期運営がうまくいったと説明、決算も予想通りの手堅い着地と評した。

同社の2019年6月期(FY19)の連結決算では、売上高709億円(前々期比9.0%減)、営業利益54億円(同41.9%減)、経常利益57億円(同44.5%減)、最終利益34億円(同26.0%減)となっており、利益が大きく減少したのが印象的だ。

本稿では大きく利益を減らした原因や各タイトルとの運営状況などのFY19の振り返り、海外展開や来季の展望について語られた決算説明会についてお伝えする。


■QoQは減収減益も想定内の着地に、周年イベントに大きな手応え
 

まずは2019年第4四半期を振り返っていく。第4四半期期間(4~6月)の売上高は174億円(前四半期比2.3%減)、営業利益13億円(同2.1%減)、経常利益は13億円(同1.2%減)、最終利益は4000万円(同11.7%減)となった。

 

2019年第3四半期(3Q)から第4四半期(4Q)のアプリゲームのコイン消費については、『SINoALICE(シノアリス)』、『戦姫絶唱シンフォギアXD』、『アナザーエデン』、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』(ダンメモ)の周年イベントは非常にうまく推移した。App Annieを見ても各タイトルの売上ランキングが周年記念を山の頂きとして、その後の推移は去年と比べて緩やかになっていた。
 

大矢俊樹取締役(写真)は、決算説明会において昨年の振り返りからブラッシュアップ、効果の高いプロモーションを行うなどの施策が「非常にうまくいった」と強調していた。これは現在、同社が注力している「タイトルの長期運営」の成果となる。3Qから4Qのコイン消費の伸びに関してはほぼ横ばいとなっているのは、昨年新規タイトルとして『NEWS に恋して』「ダンメモ」の北米展開との差になるとのこと。

一方で気になるのは、YoYでの営業利益41.9%減だ。この主要因は利益率の高いブラウザゲームの落ち込みだという。また前期の『ワイルドアームズ』、『AFTERLOST - 消滅都市』といった新規タイトルも大きなインパクトを残せなかった。
 

利益面を見ると費用はQoQでほぼ横ばいとなった。周年記念などもあったがQoQで広告費は大きく変わらず、YoYでみると大きく減少した。固定費が減ったことも伴い、QoQの営業利益は2.5億円増(*)となった。

(*)第3四半期には、為替相場が円安推移したことでの為替差益、関係会社株式売却益、投資事業組合運用益を計上しており、2.5億円増はその内容を省いた計算となる。
 



▲第3四半期の4.6億円は、為替相場が円安推移したことでの為替差益、関係会社株式売却益、投資事業組合運用益を計上。
 
 
■中国市場向けの準備はほぼ完了、政府から認可され次第配信へ

説明会では、前田 悠太取締役は海外展開に関して、配信、運営のノウハウを蓄積できたと評価していた。同社の海外配信でのリリースはタイトルの特色にあわせた運用を心がけている。例えば自社配信かパートナーとの協業などにおいても「どちらでも対応できるのが強み」と前記の海外展開の運営体制に自信をのぞかせた。大きなテーマとしては収益力の強化だという。

また田中社長は期待の高い中国市場でのタイトル配信について「準備はほぼ終わってる」こと明らかにした。現在、同国での配信待ちになっているのは、『SINoALICE(シノアリス)』、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』(ダンメモ)、『アナザーエデン 時空を超える猫』の3タイトルとなっている。認可され次第早急にリリースを行う見込み。
 

なお、中国市場で配信を開始したワンパンマンは、好スタートし一時はApp Storeのセールスランキングで4位を獲得しており期待も高い。日本でのリリースも準備中の段階となる。
 

 
■今期は新作タイトルが2本、同期での海外展開も狙う

2020年6月期の連結業績予想は非公開となった。理由として新規アプリゲームのリリース等による大きな業績変動が見込まれ、業績見通しについて適正かつ合理的な数値の算出が困難であるから、としている。
 

その気になる新作タイトルは他社からの有力IPタイトル2本を2020年6月期第2四半期(10月〜12月)以降のリリース予定しているようだ。なおVtuberを始めとするライブ・エンタメ事業については売上についての言及はなく、メディア事業については赤字幅縮小という程度に留まり、今後の成長、規模の拡大という言葉が表すように、まだまだ投資フェーズが続きそうだ。

大矢取締役が「売上の9割以上がゲーム事業」と言うように、今期はタイトルの長期運営、海外市場での成長、利益率の高いブラウザゲームの下げ幅縮小、そして新規タイトルで売上/利益の上乗せが重要なポイントになりそうだ。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算グリー

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高779億円、営業利益94億円、経常利益103億円、最終利益47億円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事