19年4-6月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックス、第1四半期は営業利益が2.3倍と大幅増 音楽事...

エイベックス、第1四半期は営業利益が2.3倍と大幅増 音楽事業減収も映像ソフト作品が貢献 デジタル事業での販管費削減も奏功

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>は、本日(8月8日)、第1四半期(2019年4月~6月)の連結決算を発表し、売上高290億円(前年同期比10.1%減)、営業利益3億6600万円(同136.0%増)、経常利益1億2100万円(同50.1%減)、最終損益3億4800万円の赤字(前年同期1億4500万円の赤字)だった。

 


同社では、主力の音楽事業において音楽ソフトの販売と、ライヴの公演数が減少したことにより、減収となったものの、アニメ・映像事業において映像ソフト作品の販売が増加したことや、デジタル事業において販売費及び一般管理費が減少したことで、営業増益を達成した。

経常利益が半減したが、これは営業外収益として前年同期にあった為替差益1億3300万円が今期は計上されなかった一方、営業外費用として持分法投資損失1億8600万円が発生したことによる。

続く2020年3月通期は、営業利益72億円(前期比1.6%増)、最終利益28億円(同18.9%増)を見込む。変則的な開示だが、前回予想からは変更はないとのこと。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エイベックス19年4-6月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事