19年4-6月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックスのアニメ事業、第1四半期は営業黒字に転換…「ゾン...

エイベックスのアニメ事業、第1四半期は営業黒字に転換…「ゾンビランドサガ」や「KING OF PRISM」「えいがのおそ松さん」貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>が本日(8月8日)開示した第1四半期(2019年4月~6月)の決算説明資料で、アニメ事業の売上高が前年同期比39.6%増の34億7700万円、営業利益が5100万円(前年同期1億9700万円の赤字)と大幅増収・黒字転換したことがわかった。前年同期では黒字転換となるが、前四半期からは減益となるものの、2四半期連続で黒字となった。

 


同社によると、大型作品の映像パッケージの販売が増加し、イベントとアニメの配給収入が増加したため、としている。ノンパッケージが38.7%雑音24億1400万円、パッケージが同42.2%増の7億4900万円と伸びた。

 


この四半期の主な作品として、「えいがのおそ松さん」と「ゾンビランドサガ」、「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」などをあげた。

 


 
(編集部・木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算エイベックス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事