スマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 8月8日の主な決算発表…バンナムHD、DeNA、ガンホー、ネ...

8月8日の主な決算発表…バンナムHD、DeNA、ガンホー、ネクソン、KLab、ファルコム、エイベックス、KADOKAWAなど

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【詳報】バンナムHD、第1四半期の営業利益は27%増の228億円…大人向け玩具とスマホゲーム、海外向け家庭用ゲームのリピート販売が好調
バンナムHD、スマホゲームなどネットワークコンテンツの売上は横ばいの476億円 家庭用のリピート販売がゲーム事業の売上・利益の伸びをけん引
バンナムHDのIP別売上高、『ドラゴンボール』が2ケタの伸びを達成 第1四半期では過去最高に 『ONE PIECE』や『仮面ライダー』も伸びる



【詳報】ネクソン、第2四半期の営業益は7.3%減の655億円…『FIFA ONLINE 4』のロイヤリティ費用やクラウド費用が圧迫、日本と北米の赤字は減少



【詳報】DeNA、第1四半期の営業益は54%減の23億円 ゲーム事業の不振響く ベイスターズは観客動員好調で2ケタの増収増益



【詳報】KLab、第2四半期の営業利益は49%減の13億円 「スクフェス」の売上減が響く 「禍つヴァールハイト」の減価償却や開発・運営費も圧迫
【KLab決算説明会速報】2Qは海外売上高が再び30億円規模に 崑崙と共同開発の『BLEACH』がけん引…東南アジア、韓国と配信エリアを拡大



【詳報】ガンホー、第2四半期の営業利益は67%増の204億円と大幅増益…「パズドラ」が引き続き堅調、「ラグナロク マスターズ」も国内で順調な立ち上がり
ガンホー、4~6月は売上高がQonQで32%減、営業利益43%減と大幅な減収減益 『パズドラ』7周年イベントの反動? 『Ragnarok M』も落ち着く



日本ファルコム、第3四半期の営業利益は97%増の9億6100万円と大幅増…ライセンス部門の売上高が62%と急増 「イースⅨ」は9月発売に向けて制作中!



エイベックス、第1四半期は営業利益が2.3倍と大幅増 音楽事業減収も映像ソフト作品が貢献 デジタル事業での販管費削減も奏功
エイベックス、第1四半期はパッケージ販売伸び営業黒字に転換…「ゾンビランドサガ」や「KING OF PRISM」「えいがのおそ松さん」貢献​



KADOKAWA、第1四半期の営業益は8.7倍 出版とゲーム・映像好調、「ニコニコ」などWeb黒字転換 「SEKIRO」は海外収益が想定を上回り大きく貢献



フリュー、第1四半期の営業益は4%減の7.1億円 プリントシール好調もゲーム・アニメの収益が第2四半期以降に集中 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事