19年4-6月決算、イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、3Qは売上高11%増、7.2億円の営業赤字を計上 ...

イグニス、3Qは売上高11%増、7.2億円の営業赤字を計上 「with」などコミュニティジャンルが伸長 ゲームは『でみめん』など新作寄与も限定的に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<3689>は、8月9日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高40億6200万円(前年同期比11.7%増)、営業損益7億2300万円の赤字(前年同期9億5100万円の赤字)、経常損益8億700万円の赤字(同9億7900万円の赤字)、最終損益3億億5800万円の赤字(同10億8300万円の赤字)となった。
 

コミュニティジャンルは、恋愛・婚活マッチングサービス「with」において、他社類似サービスとの差別化を図るべく、心理学やAIを活用して最適な男女のマッチングを目指し、各種診断イベントの実施や、レコメンド機能である「For You」機能を新たに追加した。なお、プロモーションによる新規流入だけでなく、クチコミによる新規流入も増加傾向にあり、2019年6月末時点におけるユーザー数は200万人を突破し、引き続き順調に成長した。同ジャンルの売上高は前年同期比82.0%増の21億3000万円となった。

ゲームジャンルは、配信開始から5年目に突入した主力の『ぼくとドラゴン』は、季節イベントの強化や、他社人気IPとのコラボレーション第二弾の実施など、各種施策を講じた。2018年12月12日に提供を開始した『でみめん』は、公式SNSと連動し、オリジナルグッズや出演声優のサイン色紙が当たるプレゼントキャンペーンを実施するなど、ユーザーとのエンゲージメントを高めるサービス運用を行った。また、2019年4月3日には、同社グループ初のブラウザゲーム『猫とドラゴン』の提供を開始した。その一方で、前期に引き続きプロモーションを中心とした的確なコストコントロールを行ったものの、既存タイトルと新規タイトルの売上寄与は共に限定的となり、同ジャンルの売上高は前年同期比17.8%減の17億9900万円と減少した。

その他ジャンルでは、「VR」分野や「AI」分野へとの取り組みを進めており、「VR」分野ではバーチャルライブアプリ「INSPIX」を2019年8月中にリリースする予定だ。また、順天堂大学との共同研究である「VRを用いた慢性疼痛の緩和」が2019年6月にパイロット提供を開始した。なお、モビリティビジネス・プラットフォームを展開するMellowが連結の範囲から除外されたことなどもあり、同ジャンルの売上高は前年同期比52.2%減の1億3300万円となった。

なお、2019年9月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高60億円(前期比23.1%増)、営業利益3000万円、経常利益1000万円、最終利益500万円の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事