19年4-6月決算、アルファポリスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アルファポリス、1Qは売上高5%増、営業益5%増で着地 刊行...

アルファポリス、1Qは売上高5%増、営業益5%増で着地 刊行点数減で紙書籍売上が減少も電子書籍売上は引き続き好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファポリス<9467>は、8月9日、2020年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高11億7700万円(前年同期比5.6%増)、営業利益2億9700万円(同5.0%増)、経常利益2億9700万円(同4.9%増)、最終利益1億8700万円(同3.2%増)となった。
 

刊行点数の減少に伴い紙書籍売上が減少した一方で、電子書籍売上は引き続き好調に推移した。

書籍のジャンル別の状況は以下の通り。

①ライトノベル
第1四半期期間の刊行点数は48点(前年同期比8点減)となった。各書籍の売行きについては、同社投稿サイトから誕生した「いずれ最強の錬金術師?」や「追い出された万能職に新しい人生が始まりました」などの人気シリーズの続刊が引き続き好調に推移した。また、電子書籍は、親和性の高い女性向け小説を筆頭に好調を維持し、さらに同社Webサイトにて展開しているレンタルサービスは、ユニークユーザー数の増加とともにレンタル数を順調に伸ばし売上増加に寄与した。



②漫画
第1四半期累計期間の刊行点数は前年同期を上回る18点(前年同期比2点増)となった。第1四半期期間に刊行した主力タイトルである「ゲート」や「月が導く異世界道中」の続刊が堅調に推移し、売上を大きくけん引した。また漫画と親和性が高い電子書籍も引き続き好調で、売上を大幅に伸ばした。



③文庫
第1四半期累計期間の刊行点数は35点(前年同期比3点減)となった。シリーズ累計94万部を超える「居酒屋ぼったくり」の文庫版を刊行し、同タイトルが売上をけん引した。また、新たなジャンルの開拓を企図して、ミステリー小説ジャンルの「天才月澪彩葉の精神病質学研究ノート」や時代小説ジャンルの「東海道品川宿あやめ屋」など、幅広いジャンルからの積極的な刊行を引き続き実施した。



④その他
第1四半期累計期間の刊行点数は6点(前年同期比4点減)となった。その他ジャンルでは、ビジネス書「今どきの若手の育て方」「あなたは、あなた。」の2点を刊行するなど、引き続きジャンル拡大に向けた取り組みに注力した。



なお、2020年3月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高56億円(前期比12.5%増)、営業利益16億円(同17.8%増)、経常利益16億円(同17.9%増)、最終利益10億円(同18.7%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アルファポリス19年4-6月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事