19年4-6月決算、アドバンスト・メディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 音声認識AIのAMI、第1四半期は400万円の経常赤字に転落...

音声認識AIのAMI、第1四半期は400万円の経常赤字に転落…成長事業の赤字幅拡大や為替差損で

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
アドバンスト・メディア<3773>は、8月9日、第1四半期(4月~6月)の連結を発表し、売上高9億3700万円(前年同期比15.0%増)、営業利益3000万円(同33.2%減)、経常損益400万円の赤字(前年同期1億3200万円の黒字)、最終損益3100万円の赤字(同1億1800万円の黒字)だった。

同社では、「AI音声認識」や「音声AI」によるライセンス販売およびサブスクリプションビジネスとソリューションビジネスが堅調に推移したものの、タイ子会社やグラモなど第二の成長エンジンの赤字幅拡大の影響を受けた、としている。経常損益の赤字は、為替差損が計上されたことによる。

続く2020年3月通期は、売上高50億円(前期比17.5%増)、営業利益8億円(同10.5%増)、経常利益7億3000万円(同19.7%減)、最終利益6億5000万円(同31.4%減)を見込む。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算アドバンスト・メディア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事