19年4-6月決算、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【詳報】コロプラ、3Qは経常益、最終益で赤字計上に 『アリス...

【詳報】コロプラ、3Qは経常益、最終益で赤字計上に 『アリス・ギア・アイギス』のPC版配信開始でスマホ以外のデバイスへの展開も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コロプラ<3668>は、8月13日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高275億7900万円(前年同期比16.6%減)、営業利益4億9300万円(同90.2%減)、経常損益16000万円の赤字(前年同期46億円の黒字)、最終損益1億4900万円の赤字(同30億5300万円の黒字)となった。

経常損失となっているのは、営業外費用として投資有価証券評価損3億8100万円や為替差損1億6800万円などを営業外費用として計上しているため。
 

売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームでは、第3四半期累計期間において、台湾・香港・マカオ向けに『アリス・ギア・アイギス』『ディズニー ツムツムランド』、国内向けに『バクレツモンスター』『最果てのバベル』の配信を開始した。『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』といった既存ゲームにおいては、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベントなどを実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用を行った。

また、『アリス・ギア・アイギス』PC版の配信を開始し、スマートフォン以外のデバイスへの展開を進めた。

VR端末向けコンテンツでは、Oculus RiftおよびHTC Vive向けに『TITAN SLAYER Ⅱ』パッケージ版の配信を開始した。

なお、第1四半期期間中には、全社的な取り組みとして創業10周年を記念した「コロプラフェス2018」を開催している。

2019年9月期通期の予想は非開示。グループを取り巻く事業環境は短期的な変化が激しいことから、グループの業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算コロプラ

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高522億円、営業利益129億円、経常利益129億円、最終利益86億円(2017年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事