19年4-6月決算、カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カヤック、2Qは売上高5%増ながら2.8億円の営業赤字を計上...

カヤック、2Qは売上高5%増ながら2.8億円の営業赤字を計上 4月に『進撃の巨人 TACTICS』をリリース

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
カヤック<3904>は、8月13日、2019年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、売上高30億2500万円(前年同期比5.5%増)、営業損益2億8000万円の赤字(前年同期9500万円の黒字)、経常損益3億600万円の赤字(同1億200万円の黒字)、最終損益2億4300万円の赤字(同4900万円の黒字)となった。
 

取り扱いサービスごとの状況は以下の通り。

①クライアントワーク…売上高10億1100万円(前年同期比9.1%増)
スマートフォンの普及や新しい技術の出現を背景に、WEB領域にとどまらないリアルと連動した案件の増加がみられた。

②ソーシャルゲーム…売上高11億1700万円(同5.8%減)
『ぼくらの甲子園!ポケット』と『キン肉マン マッスルショット』はプロダクト・サイクルの後期に入りつつあるものの、コアなユーザーを抱え、効果的なイベント施策を講じることで、売上は底堅く推移した。なお、4月に『進撃の巨人 TACTICS』をリリースしており、その広告宣伝費などの費用が先行しているものと思われる。

③Lobi…売上高1億9100万円(同4.1%減)
「Lobi」と連携するタイトル数の増加とコミュニティが求める機能の拡充により、ユーザー数の拡大を目指した。併せて「Lobi」の強みであるコミュニティやユーザーにより焦点を当てた収益構造への転換を図っている。2019年6月には、プレミアムユーザーに利用を限定していた配信機能を全ユーザーに開放した。

④その他サービス…売上高7億400万円(同27.1%増)
ウェディングプランナーとユーザーをつなぐブライダルプラットフォーム「プラコレWedding」、esportsイベントの企画・運営からesports専門メディアの運営などを行う「esports事業」が順調に成長を続けた。また、地域を軸としたスカウトサービス「SMOUT」、コミニティ通貨プラットフォーム「QWAN」など、地域関連事業に関する新規サービスの開発および投資を積極的に行った。

なお、2019年12月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高70億円(前期比20.3%増)、営業利益、経常利益、最終利益はいずれもゼロの見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック19年4-6月決算

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高54.97億円、営業利益6.43億円、経常利益6.87億円、純利益4.77億円(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事