CEDEC+KYUSHU 2019に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームセミナー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「CEDEC+KYUSHU 2019」ゲームディレクター・ヨ...

「CEDEC+KYUSHU 2019」ゲームディレクター・ヨコオタロウ氏による基調講演が決定 モデレーターはサイバーコネクトツーの松山洋氏

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月23日(土)に福岡市の九州産業大学 1号館にて開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンスとして「CEDEC+KYUSHU 2019」において、「ニーア」シリーズをはじめ、独特な世界観を持つ作品で知られるゲームディレクター・ヨコオタロウ氏の基調講演が決定した。

この基調講演にはモデレーターとして、サイバーコネクトツー 代表取締役の松山洋氏が登壇することも決定している。セッションの詳細は後日あらためて発表される予定だ。

ヨコオタロウ


株式会社ブッコロ代表取締役 兼 ゲームディレクター
1970年生まれ。愛知県出身。神戸芸術工科大学を卒業後、株式会社ナムコ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを経て、株式会社キャビアへ入社。
デザイナーとして経験を積んだ後、「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズや『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』のディレクションを担当する。

株式会社キャビアを退社後に株式会社ブッコロを立ち上げ、2017年には『ニーア オートマタ』をリリースした。
その独特な世界観や物語は「ヨコオワールド」と呼ばれており、最近はスマートフォン向けアプリ『シノアリス』や、漫画『君死ニタマフ事ナカレ』や舞台の原作などでも、幅広く活躍する。

主な作品:「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズ、「ニーア」シリーズ、『シノアリス』など。

モデレーター/松山洋


株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役
1970年生まれ。ゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。アニメや映画、もちろんゲームも漫画も幅広く、こよなく愛している。非常に“濃く”“熱い”人間である。

主な作品:「NARUTO-ナルト- ナルティメット」シリーズ、「.hack」シリーズなど。

▼「CEDEC+KYUSHU 2019」公式サイト
http://cedec-kyushu.jp/2019/koubo/
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事