Fate/Grand Order(FGO)、App Annieに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【App Annie調査】2019年上半期の国内アプリランキ...

【App Annie調査】2019年上半期の国内アプリランキング、『FGO』が収益で首位に 無料は海外のハイパーカジュアルゲームが上位に多数

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


App Annie(アップアニー)は、アップアニーのオリジナルデータを元に出した2019年上半期(2019年1月1日〜6月30日)における、日本国内のアプリダウンロード数および収益のTOP10ランキングを発表した。

ゲームカテゴリーの収益額ランキングは、旧来より人気のゲームアプリ「Fate/Grand Order」が首位を獲得し、「モンスターストライク」や「パズル&ドラゴンズ」「ドラゴンボールZドッカンバトル」「グランブルーファンタジー」が上位にランクインした。

収益額のトップ10は、日本のパブリッシャーが8割を占めたが、「荒野行動」と「Pokemon GO」の2つの海外ゲームアプリがランクインした。今後、中国やアメリカのゲームアプリが日本での収益を見込み、日本のゲームアプリ市場への参入が増加する可能性があると指摘した。

また、ゲームカテゴリーの無料アプリダウンロード数をみると、トップ10のうち、9つのアプリパブリッシャーは海外企業が占めた。これまでゲームカテゴリのランキングは日本のアプリパブリッシャーがほとんどを占めていたが、このランキングから海外のアプリが日本市場に参入してきていることが分かるという。
 


また、ダウンロードされている海外ゲームの特徴としては、「ハイパーカジュアルゲーム」と呼ばれる、シンプルで分かりやすいゲームとなっている。日本だけではなく、他の海外市場をみても「ハイパーカジュアルゲーム」が上位にランクインしており、世界的にトレンドとなっている。唯一5位にランクインした日本のゲーム「ナゾトキの時間」は、2分で解ける推理ゲームで、こちらも隙間時間に楽しめるような、ゲームアプリとなる。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事