ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/11)】2Q営業益の黒字転換でエディア...

【ゲーム株概況(10/11)】2Q営業益の黒字転換でエディアが後場S高 1Q赤字幅縮小や子会社設立を材料にケイブも一時S高 創通はTOB価格へのサヤ寄せ続く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
10月11日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸し、前日比246.89円高の2万1798.87円で取引を終えた。米中の貿易協議の進展期待から米国市場が上昇したことに加え、為替が一時1ドル=108円台まで円安方向に振れたこともあり、終日強含みの推移が続いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>が一時ストップ高に張り付くなど強さを見せた。前日10月10日に発表した第1四半期決算が大幅な営業赤字縮小となったことに加え、ゲーム領域以外のオンラインエンターテイメント事業の創出に向けた子会社を設立することを発表したことも株価の刺激材料となったようだ。

また、エディア<3935>が後場に入って買い殺到となり、ストップ高した。エディアは、前場引け後に発表した第2四半期決算において、第2四半期期間(6~8月)の営業利益が四半期ベースで700万円の黒字に転換したことなどが市場から好感されたもよう。

ほか、バンダイナムコHD<7832>やアクセルマーク<3624>、モブキャストHD<3664>などがしっかり。創通<3711>はこの日もンダイナムコホールディングス<7832>によるTOB価格3100円にサヤ寄せし、ストップ高した。

半面、アエリア<3758>の下げがきつく、バンク・オブ・イノベーション<4393>やブシロード<7803>、KLab<3656>なども売られた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブエディア

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 代表取締役社長 秋田 英好
決算期 5月
直近業績 売上高18億9000万円、営業損益6億9600万円の赤字、経常損益7億3900万円の赤字、最終損益が12億4000万円の赤字(2019年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事