Activisionに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Activision、『Call of Duty:Moder...

Activision、『Call of Duty:Modern Warfare』を全世界でリリース! ゲーム史上に名を残す大ヒットシリーズの再創造!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


Activisionは、10月26日、『Call of Duty:Modern Warfare』を全世界でリリースした。 PlayStation 4、Xbox One、そして PC 版となる。Activisionがパブリッシングを行い、Infinity Wardが開発したModern Warfareはゲーム史上に名を残す大ヒットシリーズの再創造となる。

今回、巨大なCall of Dutyコミュニティがクロスプレイとクロスプログレッションで共にプレイすることが可能になったほか、ローンチ後も全プラットフォームで追加コンテンツを無料で楽しむことができる。

Infinity Wardの共同スタジオ代表兼クリエイティブディレクターのPatrick Kellyは「コミュニティからは信じられないほどのエネルギーが伝わってきている。私たちも今日からファンが皆一緒にプレイできることが楽しみでならない」と語っている。

「『Modern Warfare』の内容はキャンペーン、マルチプレイヤー、協力プレイなど盛りだくさんで、どんなプレイスタイルでも楽しめる。さらに、ローンチは始まりに過ぎない」

「『Modern Warfare』ではプレイヤーが壮大なストーリーキャンペーンをプレイしている時でも、究極のオンラインマルチプレイヤープレイグラウンドでも、完全新作のスペシャルオプスでフレンドと協力プレイをしている時でも、進行状況がゲーム全体で統合される」

ActivisionのByron Beede副社長兼ジェネラルマネージャーは「『Modern Warfare』に比肩するゲームはない。MWはゲーム史上最も有名なシリーズの一つであり、この偉大なタイトルを再創造するに当たり、Infinity Wardはシリーズの水準をさらに高めるような、実に素晴らしい体験を作り上げてくれた」と語った。

「本作の勢いは途方もなく、今日はまだ物事の始まりに過ぎない。まだまだ色々と計画が進んでいる。今日は世界中の『Call of Duty』ファンにとって素晴らしい一日」

『Call of Duty』史上最大規模のベータテストを終え、Game Critics Awards Best of E3 2019においてベストオンラインマルチプレイヤー賞を受賞した『Modern Warfare』のマルチプレイヤーが、ジャンル最高クラスのシューティングゲームプレイを含む白熱のオンライン体験を提供する。

マルチプレイヤーにはかつてない多様性があり、プレイヤーは従来の『Call of Duty』マルチプレイヤーをさらに洗練させた多彩なプレイスペースから選択することができる。

そうした新要素には、高評価を得たスピーディーなアクションの2v2 Gunfightや、伝統的な6v6マルチプレイヤー、中・大規模戦をサポートする壮大な大型マップなどがある。プレイヤーはマルチプレイヤー用のオペレーターの選択と非常に自由度の高い改造が可能な新しいガンスミスシステムで、好みやプレイスタイルに応じて遊び方を調整することができる。

シングルプレイヤーストーリーでは、プレイヤーは変わりゆく近代戦の本質に光を当てる物語に没頭する。国際的に活動する様々な特殊部隊や自由の戦士と並んで、プレイヤーは最強のレベル1オペレーターの役割を担い、世界のパワーバランスに影響を及ぼすような英雄物語を生き抜いていく。

キャンペーン終了後には、プレイヤーが4人の急襲部隊で協力プレイができるスペシャルオプスモードがある。スペシャルオプスはModern Warfareを包括するロアをさらに進化させる複数の協力プレイモードで、多面的な目的と最大かつ最も複雑な関係性を持つ体験を提供するオペレーションと、より整理され、武器や弾薬などのツールの取り扱いが試されるクラシックスペシャルオプスが用意されている。

『Call of Duty: Modern Warfare』には、ゲーム全体で写真のような美しい映像とリアルなゲーム体験をプレイヤーにお届けする最新型エンジンが搭載されている。

この技術は、最先端の写真測量法を可能にする物理学ベースの素材システム、新しいハイブリッドタイルベースのストリーミングシステム、新型 PBR デカールレンダリングシステム、世界のボリューメトリックライティング技術、4K HDR、DirectX レイトレーシング (PC) など、あらゆる最新のビジュアルエンジニアリング術を駆使している。また、新しい GPU ジオメトリーパイプラインも採用されている。スペクトラルレンダリングによって、ゲーム内での熱探知映像とナイトビジョン映像のどちらにおいても、熱放射と赤外線識別が利用可能になっている。

また、多くの技術投資によって、本作では最先端のアニメーションシステムとブレンドシェイプシステムが導入された。そして、新しいオーディオツールでは専用プラットフォームにおいて Dolby ATMOS がフルサポートされており、最新のオーディオシミュレーション効果も利用できる。

Call of Duty League の開会シーズンは『Modern Warfare』をデビュータイトルとし、ホームvs.アウェイマッチを2020年初期に開催する。リーグには4か国から12チームが参戦し、世界中のCall of Duty eSportsプレイヤーの最強プレイヤーがフィーチャーされる。詳しくは CallofDutyLeague.com を確認してほしい。
 



© 2019 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY LEAGUE, and MODERN WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the property of their respective owners.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事