19年7-9月決算、イマジニアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イマジニア、2Qは売上高13%減、営業益9%減に 「リラック...

イマジニア、2Qは売上高13%減、営業益9%減に 「リラックマ」の農園ゲームを8月に提供開始 「メダロット」のスマホゲームを開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イマジニア<4644>は、10月31日、2020年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高20億2300万円(前年同期比13.6%減)、営業利益2億3700万円(同9.2%減)、経常利益2億6200万円(同29.5%減)、最終利益1億5900万円(同36.1%減)となった。
 

コンテンツ事業では、スマートフォン向けゲームを軸としつつ、パッケージソフトやリアル商品などほかのコンテンツビジネスへの領域拡大やコンテンツビジネス間のシナジーを一層、図るべく取り組んだ。

主軸のスマートフォン向けゲームでは、新たに人気キャラクター「リラックマ」において初めてとなる農園ゲームを2019年8月に提供開始した。また、人気ゲームシリーズ「メダロット」の最新作をシリーズ初のスマートフォン向けゲームとして2019年秋冬期での提供を目指して開発している。

一方、再生可能エネルギー事業は、2019年2月に決定した事業中止の方針に基づき、2019年7月に事業中止を完了した。

なお、2020年3月期通期の連結業績予想については、従来予想から変更なく、売上高52億円(前期比0.7%増)、営業利益7億1000万円(同0.5%増)、経常利益7億5500万円(同0.5%増)、最終利益5億600万円(同0.5%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年7-9月決算イマジニア

企業情報(イマジニア株式会社)

会社名 イマジニア株式会社
URL http://www.imagineer.co.jp
設立 1986年1月
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期 3月
直近業績 売上高45億6900万円、営業利益6億3500万円、経常利益8億5700万円、最終利益4億9600万円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4644

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事