スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/7)】スクエニが大引け発表の2Q決算へ...

【ゲーム株概況(11/7)】スクエニが大引け発表の2Q決算への先回り買いで反発 『ラブプラス EVERY』メンテナンス長期化でNJHDが大幅反落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月7日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら3日続伸となり、前日比26.50円高の2万3330.32円で取引を終えた。市場予想を上回る純利益を計上したトヨタ<7203>が買われるなど、足元の決算発表を受けた個別物色の動きが活発化する展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、LINE<3938>やグリー<3632>、オルトプラス<3672>などが買われたほか、スクウェア・エニックスHD<9684>が4日ぶりに反発し、5000円台を回復した。スクエニHDは、前日11月6日に発表したコロプラ<3668>の決算において、共同タイトルの『ドラゴンクエストウォーク』が大きく寄与していたことから、大引け後の第2四半期決算の発表を期待した先回り買いの動きが出ていたもよう。

半面、そのコロプラは、9月中旬から『ドラゴンクエストウォーク』への期待を織り込んだ株価の動きになっていたこともあり、利益確定の売り物に押される展開となった。

また、子会社のゲームスタジオが受託開発したコナミデジタルエンタテインメントの『ラブプラス EVERY』のメンテナンス長期化を嫌気して、NJホールディングス<9421>が大幅反落し、14時に発表した2019年9月期通期の決算とともに明らかにした2020年9月期の見通しが大幅減収減益予想となっていた日本ファルコム<3723>も発表直後に急落する展開となった。

ほか、DeNA<2432>やドリコム<3793>などもさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スクウェア・エニックス・ホールディングスエヌジェイホールディングス

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2710億円、営業利益245億円、経常利益283億円、最終利益184億円(2019年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事