19年7-9月決算、GMOメディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GMOメディア、2019年12月期の業績予想を下方修正 87...

GMOメディア、2019年12月期の業績予想を下方修正 8700万円の最終赤字に オリジナルゲームの減損

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOメディア<6180>は、10月30日、2019年12月期の業績予想を下方修正した。

売上高41億円(前回予想46億円)
営業利益2000万円(同3億円)
経常利益2000万円(同2億9700万円)
最終損益8700万円の赤字(同2億円の黒字)

従来予想からの修正率は、売上高が10.8%減、営業利益が93.3%減、経常利益が93.2%減となる。

同社では、「prican」や「yaplog!」等のソーシャルメディア系サービスの訪問者数の減少トレンドが当初の見込みを上回ったことで、広告収入が落ち込んだ、としている。新規事業への投資も影響した。

最終利益は赤字となったが、運用中の自社オリジナルゲームについて、将来収益と資産性の再評価を行った結果、3100万円のソフトウェアと 7500万円の投資有価証券を減損処理を行ったという。ただ、自社プラットフォーム/パートナーメディアを含め、サービス訪問者数・課金額ともに伸長しており、今後も拡大に注力する考え。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GMOメディア19年7-9月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事