19年7-9月決算、バンク・オブ・イノベーション(BOI)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > BOIの決算説明資料より…19年9月期の主力2タイトルは『幻...

BOIの決算説明資料より…19年9月期の主力2タイトルは『幻獣契約クリプトラクト』が堅調、『ミトラスフィア』は課金ユーザー減少で苦戦

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、11月12日、2019年9月期の決算(非連結)を発表した、その決算説明資料を見ると、同社の主力2タイトル『幻獣契約クリプトラクト』と『ミトラスフィア』は、『ミトラスフィア』がやや苦戦する形となっているようだ。

まずは、『幻獣契約クリプトラクト』を見てみると、売上高は前々期比6.6%減の23億5000万円となった。2017年9月期のピーク時の売上高から見るとさすがに成熟期に入っている印象だが、それでもその減少トレンドは緩やかなものとなっている。
 

一方、『ミトラスフィア』は、売上高が同19.6%増の18億4000万円と2ケタ超の落ち込みとなった。特に気になるのが、課金者数の減少が顕著になっている点で、課金ユーザーを引き付けるような魅力的な施策、コンテンツの投入が大きな課題となっているようだ。
 

なお、両タイトルとも2020年9月期第1四半期中の海外展開(『ミトラスフィア』は中国本土、台湾・香港・マカオ向け、『幻獣契約クリプトラクト』は中国本土、英語圏向け)が予定されており、足元の2020年9月期はこの海外展開の成果がどのくらい収益に上積みできるのかも注目されるところだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年7-9月決算バンク・オブ・イノベーション(BOI)

企業情報(株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI))

会社名 株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
URL http://www.boi.jp/
設立 2006年1月
代表者 樋口智裕
決算期
直近業績 売上高50億5200万円、営業利益5億2700万円、経常利益5億900万円、最終利益3億6300万円(2018年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事