19年7-9月決算、マイネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【マイネット決算説明会】上原社長「リカバリーは順調。痛みを伴...

【マイネット決算説明会】上原社長「リカバリーは順調。痛みを伴うが決めたからには最短で行う」 利益体質への変化でV字回復の展望も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

 
マイネット<3928>の上原仁社長(写真)は、この日(11月15日)開催の決算説明会で、業績立て直しのためのリカバリープランに関して、「プランは大変順調に進んでいる。中には痛みを伴う厳しいアクションもあるが、やると決めたからには最速でやりきる」と現在の状況とその心境を明らかにした。
 

リカバリープランは、同社の強みを活かしたゲームで利益を最大化するため、構造改革を行い筋肉質な経営を行うというもの。既存事業で言うとRPA(認知技術を使った業務の効率化・自動化)を全てのタイトルへの展開、gloopsからの有力タイトルの買収、赤字4タイトルのエンディングのエンディング、そして人員の削減が具体的な内容となる。

人員削減に関しては、赤字4タイトルのエンディングに伴って、間接雇用者を中心にアクションを行っていくという。会社のサイズとしては、全体の25%ほどの規模で社内の席の数を減らすと説明。なお2020年1Qに59名減少予定とあるが、雇用期間の意味あいで同表記になったようで、改革はこれらを含めて年内でおおよそ完了するとのこと。
 

なお、これらのリカバリープランによって、2019年3Q(7月〜9月)から4Q(10月12月)がV字回復の起点になるのでは、上原社長は今後の展望を語った。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年7-9月決算マイネット

企業情報(株式会社マイネット)

会社名 株式会社マイネット
URL http://mynet.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 上原 仁
決算期 12月
直近業績 売上高121億3300万円、営業利益1700万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益32億5700万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3928

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事