日本ユニセフ協会に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ユニセフ、『Right Runner』を 「世界子どもの日」...

ユニセフ、『Right Runner』を 「世界子どもの日」である11月20日にリリース…ゲームを通じて子どもの権利を啓発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニセフ(国連児童基金)は、子どもや若者が自らの権利への関心を高め、 理解を深めることを目的として開発したゲームアプリ『Right Runner(ライツランナー)』をリリースしたと日本ユニセフ協会が発表した。 ユニセフがこうしたゲームを発表するのは初めてで、 「世界子どもの日」と、 子どもの権利条約採択30年を記念するものとなる。ゲームは、 Apple StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできる。

ユニセフ・ラテンアメリカ・カリブ海諸国地域事務所、Nexus Studios、若者たちが共同で制作したこのアプリは、 5つのステージで構成されたエンドレスランゲーム。 各ステージでは、遊ぶ権利、 学ぶ権利、 清潔で安全な環境で暮らす権利、 暴力から守られる権利、 参加する権利といった、 それぞれの権利に焦点を当てている。

Right Runner(ライツランナー)で、 プレイヤーは旅に出て、 障害物のある旧市街をスケートボードで走ったり、 通学路を歩いたり、 大規模な洪水のなか避難したり、 危険な街をジャンプしたり滑ったりしながら、 ステージを進んでいく。 最終ステージでは、 山の頂上に登って、 プレイヤー自身の声を人々に届けることができる。

プレイヤーが自らの権利を主張し、 守るためには、 さまざまな障壁をクリアし、 ゲームに登場する他のキャラクターと協力し合わなければならない。 ラテンアメリカ・カリブ海諸国が舞台として設定されている。
 



 

ブラウザゲーム

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本ユニセフ協会

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事