19年8-10月決算、エイチームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイチーム、第1四半期の営業益は69%減の1億4900万円 ...

エイチーム、第1四半期の営業益は69%減の1億4900万円 既存ゲームが不振、ライフサポートでの先行投資も響く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
エイチーム<3662>は、本日(12月6日)、第1四半期(8月~10月)の連結決算を発表し、売上高81億4800万円(前年同期比8.7%減)、営業利益1億4900万円(同69.1%減)、経常利益1億4400万円(同71.6%減)、最終利益7500万円(同70.5%減)だった。大幅な減益となったが、ゲームアプリを中心とするエンターテインメント事業が苦戦したほか、ライフスタイルサポートでも先行投資を行ったことが影響したようだ。

 


セグメント別の状況は以下のとおり。

<エンターテインメント事業>
売上高は19億8900万円(同38.7%減)、セグメント利益は4300万円(同84.1%減)となった。既存ゲームアプリが引き続き減少傾向にあり、前年同期比で減収減益となったが、中長期方針に沿って、新規ゲームの開発に励んだ。


<ライフスタイルサポート事業>
売上高は55億2100万円(同6.7%増)、セグメント利益は47100万円(同26.6%減)となった。既存サービスが安定的に成長する中で、新規で立ち上げた複数のサービスにおける投資費用が先行した。


<EC事業>
売上高は6億3700万円(同24.8%増)、セグメント損益は5000万円(前年同期は6300万円の赤字)となった。仕入・物流・販売等オペレーションの改善が奏功したこと、また消費税増税前の駆け込み需要の影響もあり、前年同期比で増収となった。


 
■2020年7月通期の見通し

続く2020年7月通期は、売上高350億円(前期比5.8%減)、営業利益10億円(同64.4%減)、経常利益10億円(同64.4%減)、最終利益5億円(同66.1%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エイチーム19年8-10月決算

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL https://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事