いちからに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > いちから、韓国へ本格進出 韓国VTuberグループ「NIJI...

いちから、韓国へ本格進出 韓国VTuberグループ「NIJISANJI KR」の始動を発表

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内VTuber / バーチャルライバー事業「にじさんじプロジェクト」および中国・インドネシア・インドにてVTuber事業を行ういちからは、12月18日、韓国でのVTuber事業「NIJISANJI KR」の始動を発表した。また、プロジェクト開始と同時に、VTuberオーディション第1弾を開催する。

いちから、海外4ヶ国目となる韓国でのVTuber事業「NIJISANJI KR」を始動!

NIJISANJI KRに関する情報はこちら(※韓国語メインでの運用予定)
・公式Facebook: https://www.facebook.com/nijisanji.kr
・公式Twitter: https://twitter.com/nijisanji_kr

【韓国進出の背景】
いちからの韓国進出は、中国・インドネシア・インドに引き続き海外4ヶ国目となる。

韓国は、日本の約半分である人口約5160万人(2018年)でありながら、インターネット浸透率は96%、スマートフォンを使用する成人割合は94%(ともに世界一)を誇るネットインフラ最先端国家の一つ。

韓国はアジアのエンターテイメント文化を先導する国としても知られている。古くは映画産業、その後ドラマの流行や音楽(K-POP)が誕生しアジアを中心に爆発的に広がっていった。また、2000年代からエンタメ人材を育成する動きが活発化し、エンタメ文化の層の厚さを生み出している。

早い段階からインターネットが浸透した韓国では、インターネットサービスの急速な進化も見られる。「掲示板」の文化から始まり、ライブストリーミングやe-sportsの大きな市場が既に存在。また、1990年代以降に日本のアニメが広く輸入されるようになり、アニメやいわゆる萌系の絵が10-20代を中心に受け入れられるようになった。

現在はwebマンガプラットフォームの興隆やVTuberの登場など、いちからが海外4ヶ国目として挑戦するエンタメ文化の大きな土台があると考えている。

※統計データはThe World Bankホームページ、Pew Research Centerホームページより

【ロゴについて】
「NIJISANJI KR」のロゴは、下記のものとなる。配信やグッズ、オウンドメディア等では同ロゴを使用する予定。



【ライバーオーディション開催】
また、「NIJISANJI KR」始動に伴い、VTuberオーディションの応募開始も発表。

<応募概要>
・応募資格:韓国国内に在住する成人の人
・配信言語:韓国語
・選考:書類審査→電話審査→最終面接
・応募期間:2019/12/20(金)~2020/1/6(月)
※応募は韓国国内からのみとなっている

【グローバル人材採用について】
現在、いちからのWantedly等では韓国を含めた海外事業の採用を積極的に進めている。以下のページより募集しているので、興味のある人はプロフィール等を記載の上、応募しよう。

・グローバルオープンポジション
https://www.wantedly.com/projects/322460
・いちからWantedly公式ページ
https://www.wantedly.com/companies/company_2688704
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( いちから

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事