ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(1/8)】ほぼ全面安商状の中でソニーが堅調…...

【ゲーム株概況(1/8)】ほぼ全面安商状の中でソニーが堅調…「CES」での発表内容が引き続き材料に 特設注意市場銘柄指定解除への期待でDLEが逆行高 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
1月8日の東京株式市場では、日経平均は大幅反落し、前日比370.96円安の2万3204.76円とほぼ前日の上昇分を打ち消す形で取引を終えた。米軍が駐留するイラクの基地にイランが攻撃を行ったと伝えられたことで、米国とイランの対立がさらに悪化するのではとの懸念によって朝方から売り物が先行し、一時は下げ幅600円超に達する場面もあった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ほぼ全面安商状の中で、ソニー<6758>が堅調な推移を見せた。ソニーは、「CES」での豊富な材料の浮上を材料に野村證券がレーティング「BUY」、目標株価9000円を継続したことがなどがポジティブに受け止められているようだ。

また、1月6日に内部管理体制確認書を東京証券取引所に提出したことを明らかにしたことで、特設注意市場銘柄指定の解除への期待が意識されたDLE<3686>が逆行高した。

半面、ボルテージ<3639>やサイバーステップ<3810>、エディア<3935>などの下げがきつく、コロプラ<3688>やガンホー<3765>など主力株の一角も安い。

SMBC日興証券が、投資判断を「3」から「2」に引き上げ、目標株価1500円を継続したネクソン<3659>もさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニーディー・エル・イー(DLE)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事