19年10-12月決算、コナミホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コナミHD、通期予想を下方修正…最終利益は従来予想300億円...

コナミHD、通期予想を下方修正…最終利益は従来予想300億円から210億円に スポーツ事業でのれん及び有形固定資産の減損損失62億円を計上

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コナミホールディングス<9766>は、1月30日、2020年3月期通期の連結業績予想(IFRS)の修正を発表、売上高は従来予想2700億円から2635億円(増減率2.4%減)、営業利益は同470億円から330億円(同29.8%減)、最終利益は同300億円から210億円(同30.0%減)にいずれも下方修正された。

修正の理由は、スポーツ事業において激化する競争環境の中で事業構造の体質強化に向けてのれん及び有形固定資産の減損損失を計上したことや、製品投入時期の見直しを行ったためとしている。
 

同時に発表した第3四半期累計(4~12月)の連結決算(IFRS)は、売上高1931億円(前年同期比0.2%増)、営業利益239億円(同39.2%減)、最終利益163億円(同40.1%減)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①デジタルエンタテインメント事業…売上高1086億円(前年同期比2.7%増)、セグメント利益290億円(同10.0%減)
モバイルゲームは、グローバル市場において、『遊戯王 デュエルリンクス』がけん引した。また、大型アップデートを行った『eFootball ウイニングイレブン 2020』(海外名『eFootball PES 2020』)が好評だった。国内市場では、『プロ野球スピリッツA』が引き続き好調を維持しているほか、継続配信タイトルの多くで、アニバーサリーイベントやプロモーション施策などを展開し、盛り上がりを見せた。また、新作としてラブプラスシリーズ最新作の『ラブプラス EVERY』と『beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE』を配信開始した。

カードゲームでは、「遊戯王オフィシャルカードゲーム」の大型デュエルトーナメント大会「Yu-Gi-Oh! CHAMPIONSHIP SERIES JAPAN」と「デュエリストフェスティバル」を東京で同時開催した。また、2020年4月から遊戯王アニメ新シリーズで採用される「遊戯王ラッシュデュエル」を発売することを発表した。

家庭用ゲームでは、9月に発売したウイニングイレブンシリーズ最新作『eFootball ウイニングイレブン 2020 LITE』を配信開始した。今作は、「myClub」モードに加え、新たなオンラインモードである「Matchday」を追加している。また、eスポーツの取り組みとして、日本野球機構(NPB)と共催する「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンが開幕したほか、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムとして「ウイニングイレブン」シリーズが採用され、決勝大会を実施した。
 

②アミューズメント事業…売上高164億円(同9.3%減)、セグメント利益37億円(同27.4%減)
 eスポーツ大会における「beatmania IIDX」シリーズの世界標準となる最新筐体「beatmania IIDX LIGHTNING MODEL」や、KONAMIの様々なゲームとつながり、カードを通して新たな体験を提供するカードベンダー機「カードコネクト」の稼働を開始した。また、「マジカルハロウィン」シリーズの最新機種「マジカルハロウィン7」を発売した。

③ゲーミング&システム事業…売上高229億円(同4.7%増)、セグメント利益24億円(同20.6%減)
「KX 43」の販売が堅調に推移したほか、「Concerto Opus」をはじめとした「Concerto」シリーズを北米市場を中心にオセアニア・中南米・欧州市場へ展開し、特にオセアニア市場においては「All Aboard」などのコンテンツの稼働が好調に推移した。また、「Global Gaming Expo 2019」において、「J」型のカーブをしたディスプレイが特徴の最新筐体や「SYNKROS」向けの顔認証システムを活用した新機能などを発表した。

④スポーツ事業…売上高461億円(同3.6%減)、セグメント利益22億円(同13.4%減)
激化する競争環境の中で事業構造の体質強化に向けてのれん(24億円)及び有形固定資産(38億円)の減損損失として合計62億円を計上した。インストラクターがマンツーマンで指導しトレーニングを行うパーソナルプログラム「BEST CORE」を2020年1月より導入することを発表したほか、人気スタジオプログラムを暗闇スタジオで体感できる「Club Style」の展開を開始した。

さらに全国で大型施設を運営する強みを生かし、自治体や学校が抱える設備維持や働き方改革などの課題解決への貢献を目的とした、幼稚園や小中学校向けの水泳指導授業受託事業の受注活動を開始した。




 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コナミホールディングス19年10-12月決算

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 上月 拓也
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2181億円、営業利益144億円、最終利益94億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事