バンダイナムコエンターテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、持分法適用関連会社BXDの保有株式の全部をバンダイ...

ドリコム、持分法適用関連会社BXDの保有株式の全部をバンダイナムコエンターテインメントに3月末に売却 譲渡金額は現時点で未定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
ドリコム<3793>は、1月31日、バンダイナムコエンターテインメントとの共同出資により設立した持分法適用関連会社BXDの保有株式の全部をバンダイナムコエンターテインメントに3月末に売却することを発表した。譲渡金額は現時点で未定。

ドリコムは2017年8月にBXD社をバンダイナムコエンターテインメントとの共同で設立し、BXD社の主力事業であるHTML5を中核とする技術を活用したオンラインゲームおよび配信するプラットフォーム「enza」の開発・運営などに両社と共に注力し、同事業の拡大に努めてきた。2020年1月時点で、計6本のタイトルを配信し、総プレイユーザー数が500万人を超えるなど、同事業は着実に成長を続けている。

そうした中、BXD社の今後について関係社間で検討した結果、既存の「enza」プラットフォームを核としたサービス展開に加え、各IPのファンの皆さまにIPへの愛着を一層深めてし、多様なIPの楽しみ方を提供できるサービス展開も同時に推進し、バンダイナムコグループの提供する様々なサー
ビスとクロスさせた総合エンターテインメント構築への寄与を目指すこととした。その上で、各社のBXD社への関与についても再検討し、IPビジネスにおいて国内有数の実績を有するバンダイナムコエンターテインメントが一層主導的立場で事業拡大を推進することが、上記の方針の実行、事業展開にあたり最も適切と判断し、今回の譲渡に至ったという。

この譲渡以降もドリコムは「enza」のタイトルやプラットフォームの企画・開発・運営等に深く関与していく予定。また、ドリコムも引き続きIPゲームの開発・運用を軸に事業拡大を目指しており、「enza」や既存ゲーム事業でのIPタイトルの開発・運用を通じて学んだ、ファンのIPへの思いに寄り添い、カタチにすることをコンテンツの開発・運用の基本とし、バンダイナムコエンターテインメントとのパートナーシップを維持・強化し、一層ユーザーに支持されるコンテンツの提供に努めていくとしている。


リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコエンターテインメントドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事