19年10-12月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、大規模な構造改革を行いグループ従業員数を635...

Aiming、大規模な構造改革を行いグループ従業員数を635名→410名に削減 大阪スタジオ譲渡の経緯も明かす

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Aiming<3911>は、この日(2月14日)開催の決算説明会で、大規模な構造改革を行い、人員削減を進めていく考えを示した。2019年12月末現在で635名の従業員が在籍しているが、本日発表した大阪スタジオの売却や、台湾・東京スタジオの人員削減などを通じて、2020年3月末に225名減の410名まで減らす計画だが、「すでに計画を実行している」(椎葉忠志社長、19年7月に撮影)とのこと。

ドキドキグルーヴワークスに譲渡する大阪スタジオは、『ログレス』シリーズや『HUNTER×HUNTERグリードアドベンチャー』を開発したが、期待した結果が出ず、「余剰人員が生まれていた。立地を考えると、良い仕事を与え続けられるのか経営陣でも議論があった」。余剰人員の引取先を探す中、ドキドキグルーヴワークスからスタジオ全体を引き受けたいという話があったという。

なお、「ログレス」シリーズの譲渡は行わないとのこと。マーベラスとAimingとの共同事業の形態を維持しながら、開発体制についてはAimingとドキドキグルーヴワークスが共同で行っていく形になるという。

台湾スタジオでは、受託案件にも対応できる高いスキルをもったスタッフ以外を対象に80~90名規模の人員削減(資料は70~80名と記載している)をすでに行っており、3月15日付で退職になるように手続きを行っている。東京スタジオについては、昨年末から退職金の支払い、うまくいかなかったプロジェクトの余剰人員の削減を行ったという。
 



【関連記事】
Aiming、オンラインゲーム事業の拠点として運営する大阪スタジオをドキドキグルーヴワークスに4月1日付で譲渡…譲渡額は約1600万円
Aiming、19年12月期は売上高22%減、8.7億円の営業赤字を計上 PS4版『キャラスト』は好調もスマホ版・PC版と『ログレス』が苦戦
Aiming、新作パイプラインは3本 『ドラゴンクエストタクト』と『Project:R』は2020年配信予定 ディライトワークスとの共同開発タイトルは未定【追記】
Aiming、嶺井政人氏率いるグロース・キャピタルと業務提携…新株予約権の引受を通じた資金調達をはじめ、マーケティング、戦略投資で協力
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算Aiming雇用動向

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事