19年10-12月決算、ビーグリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「まんが王国」を運営するビーグリー、19年12月期の営業利益...

「まんが王国」を運営するビーグリー、19年12月期の営業利益は58%増の8.17億円 売上高も初の100億円の大台に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コミック配信サービス「まんが王国」を運営するビーグリー<3981>は、2月14日、2019年12月期の決算を発表し、売上高104億0100万円(前年同期比13.2%増)、営業利益8億1700万円(同58.1%増)、経常利益8億1200万円(同63.8%増)、最終利益4億9600万円(同90.4%増)と大幅増益を達成した。売上高についても初の100億円の大台を超えた。主力のコミック配信サービス「まんが王国」が好調だった。

「まんが王国」では、累計82作品となるオリジナルコンテンツの配信や独占先行配信作品を含んだオリジナルレーベルの配信によってコンテンツの差別化を推進するとともに、人気作品を多数輩出するスクウェア・エニックス作品の配信を開始するなど、コンテンツを拡充した。

さらに、顧客ニーズが高かった後払い決済を導入し、クレジットカードを保有していない人や利用に抵抗感のある人へのニーズに応えたほか、アプリ内にダウンロード機能を導入するなど、手軽に利用できるよう改良を行った。

また、これまで積み重ねてきたデータ分析に基づくサービス改善や接客強化の中で各セグメント(顧客属性)に合わせた利用を促進する施策も複数展開し、サイト活性化に繋げた。これによって、2019年9月に累計ダウンロード数が11億冊を突破、同年10月に会員登録数が300万人を突破するなど、継続成長している。

無料マンガアプリ「コミックevery」においては、2019年12月に新潮社の漫画作品の配信を開始する等、アプリのリリース以来、継続してコンテンツ拡充を推進している。新作から旧作まで幅広くコンテンツを取り揃え、基本無料で読める作品数を1100作品、3万話以上にまで拡大した。

このほか、ゲームビジネスにおいては、オルトプラスと共同開発している当社原作の新作スマートフォン向けゲーム「RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)」を2019年12月にリリースし、ファンミーティングの開催や公式WEBラジオの公開等、様々なイベントを展開している。

その他ビジネスにおいては、アプリゲーム「侍魂オンライン-朧月伝説」のPR映像制作を担当し、映画監督・三池崇史氏を監督に迎えるなど、コンテンツ開発にとどまらず、プロモーション支援等のプロデュース活動に取り組む等、積極的にビジネス展開を進めている。

2020年12月期は、売上高115億3800万円(前期比10.9%増)、営業利益10億0900万円(同23.4%増)、経常利益10億0100万円(同23.3%増)、最終利益5億8600万円(同18.0%増)、EPS99.67円を見込む。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算ビーグリー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事