19年10-12月決算、クルーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > クルーズ、第3四半期は13%増収も営業赤字拡大 ゲームと広告...

クルーズ、第3四半期は13%増収も営業赤字拡大 ゲームと広告代理が減益

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
クルーズ<2138>の第3四半期累計(2019年4-12月)の連結決算は、売上高269億0400万円(前年同期比13.0%増)、営業損益3億5100万円の赤字(前年同期1億0900万円の赤字)、経常損益3億3500万円の赤字(同6600万円の赤字)、最終損益3億4400万円の赤字(同5億円の赤字)と増収・営業赤字拡大となった。

 


主力のSHOPLIST事業が増益となったものの、広告代理事業や投資事業、その他事業での先行投資がかさみ、赤字幅拡大した模様だ。またゲームなどを展開するインターネットコンテンツ事業も減収減益となった。

同社では、「営利・当期利益をマイナスにしない範囲で利益及び現金を総投資して、SHOPLISTの売上最大化、第二・第三の事業の柱の早期立ち上げ、M&Aによる売上最大化」を今後の重点戦略にしているという。

セグメント別の状況は以下のとおり。

① SHOPLIST事業
売上高は195億6100万円(同1.3%減)、セグメント利益は2億5300万円(同21.7%増)となった。

② インターネットコンテンツ事業
売上高は15億8400万(同3.0%減)、セグメント利益は1億4600万(同52.4%減)となった。

③ 広告代理事業
売上高は36億1200万(同233.0%増)、セグメント利益は4900万(同41.5%減)となった。

④ 投資事業
売上高は1億0100万円(同53.1%減)、セグメント損益は1億2200万円の赤字(前年同期は8900万の赤字)となった。

⑤ その他事業
売上高は20億4400万円(同94.6%増)、セグメント損益は6億7700万円の赤字(前年同期はセグメント損益6億2000万の赤字)となった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算クルーズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事