19年10-12月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、19年10-12月は既存ゲーム周年と費用減で増...

Aiming、19年10-12月は既存ゲーム周年と費用減で増収・赤字幅縮小 『キャラスト』PS4版が「予想以上に堅調で今後に向けて良い話」(椎葉社長)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Aiming<3911>が2月14日に発表した第4四半期(2019年10-12月)の連結業績は、売上高が前四半期比(QonQ)で8.2%増の13億9300万円と増収となった。『キャラバンストーリーズ(キャラスト)』のスマートフォン版周年イベントと、PlayStation4版が好調に推移したほか、周年を迎えた『剣と魔法のログレス いにしえの女神(ログレス)』と『ログレス物語(ログスト)』が寄与したため、としている。特に『キャラスト』PS4版は「予想以上に堅調で、落ちることなく貢献している。今後(のゲーム開発や立て直し)に向けてもいい話だ」(椎葉忠志社長)。
 


営業損益については、2億0400万円の赤字となり、前四半期の2億9100万円の赤字から縮小した。売上が伸びたことに加えて、台湾スタジオ縮小に伴う人件費の減少や『ログレス』IPコラボ費用がなくなるなど原価抑制が奏功した。中華圏では旧正月に合わせて賞与として2ヶ月分を支給する慣習があり、人員が減ったことでその負担が減ったという。一方、『ログレス』周年イベントや、『ログスト』新規顧客獲得のためのプローション費用やプラットフォーム手数料が伸びた。
 


主力3タイトルの状況は以下のとおり。

・『ログレス』は、12月17日に6周年を迎えた。経年によるKPIの低下がみられるが、アップデートやコラボレーションなどを通じて、アクティブユーザー数の改善に取り組みる。

・『キャラスト』は、11月28日に2周年を迎えた。特に4月にサービスを開始したPS4版(日本/アジア版)は、既にスマートフォンでサービスが開始されているにもかかわらず好調に推移し、ゲーム品質が高ければ、ワンソース/マルチユースによる収益拡大が可能であると実感。高い継続率を活かせるよう、効果的なプロモーションやコラボレーションによるアクティブユーザー数の拡大に取り組む。

・ 『ログスト』は、リリース後のKPIが想定を下回っているため、KPIの改善に取り組んでいる。
 


なお、続く第1四半期(2020年1-3月)の業績は、売上高が前四半期比で16.0%減の11億7000万円、営業損益が2億0200万円の赤字(赤字幅は若干の縮小)を見込む。周年イベントなどの反動もあって減収となるものの、人員の見直しに伴う人件費・労務費の減少、周年イベントと新作のプロモーション費用が抑制されるため、営業赤字は横ばいとなる見通し。
 


【関連記事】
Aiming、19年12月期は売上高22%減、8.7億円の営業赤字を計上 PS4版『キャラスト』は好調もスマホ版・PC版と『ログレス』が苦戦
Aiming、大規模な構造改革を行いグループ従業員数を635名→410名に削減 大阪スタジオ譲渡の経緯も明かす
Aiming、新作パイプラインは3本 『ドラゴンクエストタクト』は「受託ではなく共同開発」 シリーズ初のタクティカルRPGで「目新しく映るのでは」と期待


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Aiming19年10-12月決算

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事